Aug 05, 2022 news

戸田恵梨香×永野芽郁 映画『母性』180度見方が変わる場面写真&原作者・湊かなえのコメント公開

A A

累計発行部数360万部を超え、2010年に映画興行収入38.5億円を記録した超ヒット作『告白』から12年。数々の傑作を生み出し日本中を震撼させてきたベストセラー小説家:湊かなえが「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説」とまで語った渾身の作品で、累計発行部数100万部を突破した「母性」(新潮文庫刊)が映画化した、映画『母性』。

ある未解決事件の語り手となる母娘を演じるのは、戸田恵梨香と永野芽郁。人気実力トップクラスの2人の女優が、繊細かつ大胆な演技で新境地を切り開く。さらに、物語に登場するひと際キャラの濃い母娘たちを、大地真央、高畑淳子、中村ゆり、山下リオが熱演。監督を務めるのは人間ドラマの名手、廣木隆一。

この度、場面写真&原作者・湊かなえのコメントが公開された。

戸田恵梨香×永野芽郁 映画『母性』180度見方が変わる場面写真&原作者・湊かなえのコメント公開

娘を愛せない母親:ルミ子役に、いまや国民的女優としての地位を不動のものとした戸田恵梨香。母に愛されたい娘:清佳役には、映画・ドラマの主演作が続く若手女優の筆頭・永野芽郁。先日発表されたこの配役は、TVやSNSを中心に大きな話題を集めた。ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で先輩・後輩役として息の合ったユーモラスな掛け合いを見せた戸田と永野が、本作では一転、”母性”に翻弄される母娘に挑戦するとあって、今回2人がどんな演技を見せるのか期待が高まっている。

戸田恵梨香×永野芽郁 映画『母性』180度見方が変わる場面写真&原作者・湊かなえのコメント公開

ドラマの時とはまた違った迫真の演技を披露する戸田&永野の熱演は勿論のこと、母と娘の不穏な関係性が、事件にまつわる2人の視点の違いととも描かれるのも映画の大きな見どころのひとつ。母の証言では「娘を強く抱きしめた」というシーンがある一方で、その同じ場面を娘は「母に首を絞められた」と証言をする。そんな180度真逆の証言に終始惑わされる。”母性”を巡る〈1つの事件〉と、母と娘〈2人の食い違う証言〉によって浮かび上がる衝撃の物語の全貌とは?

戸田恵梨香×永野芽郁 映画『母性』180度見方が変わる場面写真&原作者・湊かなえのコメント公開
戸田恵梨香×永野芽郁 映画『母性』180度見方が変わる場面写真&原作者・湊かなえのコメント公開

【湊かなえ(原作者) コメント】

―― 多くの企画者が映像化を熱望した「母性」。今回、映画化を許諾した決め手について

娘(母親から愛される立場)であり続けたいまま子どもを産んだ母親と、その母親から愛されたい娘。その二人の物語であることをきちんと汲み取った内容の脚本だったので、ぜひお願いしたいと思いました。女性は子どもを産めば必ずしも母性が芽生えるわけではない、といったことなど、「母性」について年齢や性別を問わず多くの方が考えてくださる作品になってほしいと思いました。

―― 完成した映画を観て

俳優の方々の演技がすばらしい。背景が美しい。母と娘の思い違いの場面が、観客に自然に伝わる構成になっている。音楽もよい。と、完成度の高さに喜びしかありません。戸田さんの鬼気迫る演技に鳥肌が立ちました。永野さんの表情での演技もすばらしかったです。大地さん、高畑さんはじめ、女優の方々おひとりずつの演技がすばらしく、またそれらが化学反応を起こすかのように、作品全体に深みや広がりを与えている。エンターテインメント作品のおもしろさと、芸術作品の感動が融合した作品になっていると思います。
自分の中にこんな感情があったのかと気づくように、心の奥底にある感情が素手でえぐりだされるような作品を、どうか体感してみてください。見ないと、損、損。

作品情報
戸田恵梨香×永野芽郁 映画『母性』180度見方が変わる場面写真&原作者・湊かなえのコメント公開
映画『母性』

女子高生が自ら命を絶った。その真相は不明。事件は、なぜ起きたのか?普通に見えた日常に、静かに刻み込まれた傷跡。愛せない母と、愛されたい娘。同じ時・同じ出来事を回想しているはずなのに、ふたりの話は次第に食い違っていく‥‥母と娘がそれぞれ語るおそるべき「秘密」—2つの告白で事件は180度逆転し、やがて衝撃の結末へ。母性に狂わされたのは母か?娘か?この物語は、すべてを目撃する観客=【あなたの証言】で完成する。

監督:廣木隆一

原作 : 湊かなえ『母性』(新潮文庫刊)

出演:戸田恵梨香、永野芽郁、三浦誠己、中村ゆり、山下リオ、高畑淳子、大地真央

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2022映画「母性」製作委員会

2022年11月23日(水・祝) 全国公開

公式サイト bosei-movie.jp