Dec 27, 2022 news

27歳の誕生日を迎えたティモシー・シャラメの魅力を徹底解剖! 映画『ボーンズ アンド オール』

A A

第79回ヴェネツィア国際映画祭で〈監督賞〉〈新人俳優賞〉の2冠に輝いた、映画『ボーンズ アンド オール』。作品賞/主演男優賞をはじめアカデミー賞4部門にノミネートされ、脚色賞に輝いた『君の名前で僕を呼んで』(17)に続きティモシー・シャラメとルカ・グァダニーノ監督が再タッグを組んだ本作は、ヴェネツィア国際映画祭で初披露されるやその衝撃の描写に「誰も見たことがない純愛ホラーの誕生」(The Hollywood Reporter)「贅沢でとんでもない映画」(THE GUARDIAN)と絶賛と驚愕のレビューが続出した、禁断の純愛ホラー。

本日12月27日は、“人喰い”の宿命を背負った青年を演じたティモシー・シャラメの27歳のバースデー。1995年、フランス人の父とユダヤ系アメリカ人の母のもとに生まれたティモシーは、フランスとアメリカの二重国籍でフランス語も流ちょうに操るバイリンガル。母は元ダンサー、母方の祖父は脚本家、叔父は監督、姉のポーリーヌは女優という芸能一家に生まれ、自身も幼いころから子役として活躍、2014年にはクリストファー・ノーラン監督作『インターステラー』への出演で世界から注目された。

2017年、17歳と24歳の青年のひと夏の恋を描いた『君の名前で僕を呼んで』の演技が高く評価され、第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネート。繊細な表現力と唯一無二の存在感で一躍スターダムを駆け上り、その後も『レディ・バード』(17)や『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(19)、『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(21)、そしてアカデミー賞を6部門受賞した『DUNE/デューン 砂の惑星』(22)など数々の話題作に出演。

27歳の誕生日を迎えたティモシー・シャラメの魅力を徹底解剖! 映画『ボーンズ アンド オール』

2023年には、『チャーリーとチョコレート工場』(05)の若き日のウィリー・ウォンカを演じる『Wonka』(原題)、『Dune : Part Two』(原題)など超大作の公開が控え、いま最も熱いハリウッド俳優として活躍を続けている。

27歳の誕生日を迎えたティモシー・シャラメの魅力を徹底解剖! 映画『ボーンズ アンド オール』

ルカ・グァダニーノ監督と再タッグとなるティモシーが『ボーンズ アンド オール』で演じるのは、生きるため本能的に人を喰べる衝動を抑えられない青年リー。同じ秘密を抱える少女マレン(テイラー・ラッセル)と出会い、逃避行の旅を続ける。

ティモシーは「孤独を乗り越えようともがくふたりの人物というアイデアは、多くの人々がさまざまな理由で疎外感を感じているこの時代に、とくに心に響きました」と、現代を生きる人々に共感されるテーマだと指摘。

27歳の誕生日を迎えたティモシー・シャラメの魅力を徹底解剖! 映画『ボーンズ アンド オール』

さらに監督と共に脚本開発から映画製作にも初挑戦したティモシーは、「ルカの初となるアメリカ映画に出演して、彼が快適に仕事ができる環境を飛びだし、その強烈な感性を世界に示していくのを目撃できてとても光栄に思う」と、初の撮影地となるアメリカ各地を精力的にロケーションして撮影に臨んだルカ・グァダニーノ監督に敬意を表している。

また新作撮影の合間を縫ってプロモーションイベントに参加し、スタイリッシュなファッションで世界のファンを沸かせた。あまりの人気ぶりに、ミラノではファンが殺到しレッドカーペットイベントが中止になるハプニングも発生。熱狂の模様は、本国公式Twitterアカウントでも紹介されている。

27歳の誕生日を迎えたティモシー・シャラメの魅力を徹底解剖! 映画『ボーンズ アンド オール』

映画『ボーンズ アンド オール』は、2023年2月17日(金)より全国公開。

作品情報
27歳の誕生日を迎えたティモシー・シャラメの魅力を徹底解剖! 映画『ボーンズ アンド オール』
映画『ボーンズ アンド オール』

生まれつき、人を喰べてしまう衝動をもった18歳のマレンは初めて、同じ秘密を抱えるリーという若者と出会う。人を喰べることに葛藤を抱えるマレンとリーは次第に惹かれ合うが、同族は喰わないと語る謎の男の存在が、2人を危険な逃避行へと加速させていく。

監督:ルカ・グァダニーノ

出演:ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセル、マーク・ライランス

配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

2023年2月17日(金) 全国公開

公式サイト Bonesandall.jp

SHARE