May 13, 2022 news

観る順番で結末が変わるふたつのラブストーリー 映画『僕が愛したすべての君へ』 / 『君を愛したひとりの僕へ』プロジェクトPV映像が公開

A A

TikTokで話題になり累計発⾏部数28万部を突破した、⼄野四⽅字(おとのよもじ)原作⼩説、「僕が愛したすべての君へ」、「君を愛したひとりの僕へ」(ハヤカワ⽂庫刊)がアニメーションとなり、映画『僕が愛したすべての君へ』、『君を愛したひとりの僕へ』として10⽉7⽇(⾦)より、2作同⽇公開することが決定。

本作のプロジェクトPV映像&プロジェクトビジュアルが公開された。

2016年6⽉に刊⾏された原作は、“並⾏世界”を⾏き来することができる世界の同じ名前のふたりの少年が、それぞれの世界でひとりの少⼥と恋に落ちるラブストーリー。この2作品は前後編でもなく、サイドストーリーでもなく、それぞれの物語が独⽴しているが、2作読むとふたつの世界が絡み合い交差して、お互いがお互いの世界を⽀え合っていることに気づく、斬新な設定が隠されている。

観る順番で結末が変わるふたつのラブストーリー 映画『僕が愛したすべての君へ』 / 『君を愛したひとりの僕へ』プロジェクトPV映像が公開

『僕が愛したすべての君へ』は、⽇清⾷品のプロモーション映像「HUNGRY DAYS アオハルかよ。」での新しいアニメーション表現が話題になった、タツノコプロ内で⽴ち上げた新スタジオレーベルBAKKEN RECORDが制作する。⼀⽅、『君を愛したひとりの僕へ』は、2013年に『ルパン三世VS名探偵コナンTHE MOVIE』で、原作者の異なる2作品を⾒事にMIXした世界観を構築し、興収42.6億を記録する⼤ヒットを記録したトムス・エンタテインメント。数々の⼤ヒット作品を⽣み出してきた2社のスタジオが描く物語がどう絡み合っていくのか、初の試みに期待が高まる。

プロジェクトPVには、“選ばなかったもうひとつの世界”を⽣きるどこか似ている〈僕〉と出会う〈君〉が描かれている。ふたりで過ごす⻘春を切り取ったカットや、⼈⽣の分岐点となる“出来事”が起こる気配を感じさせるカットもあり、『僕愛』と『君愛』、ふたつの世界のそれぞれの選択によって、切ない物語が動き出す印象的な映像となっている。

プロジェクトビジュアルは、⼀⾒すると別の世界のように⾒えるが、中⼼の交差点でふたつの世界が重なることで、ひとつの世界が完成する。交差点から分かれたそれぞれの道には、少年と少⼥が、⽚⽅は明るい⽇差し・⽚⽅は暖かい⼣景の中に描かれている。BAKKEN RECORDとトムス・エンタテインメント、それぞれの制作スタジオの特徴が際⽴つ、美しい世界が描かれたビジュアル。

映画『僕が愛したすべての君へ』、『君を愛したひとりの僕へ』は10⽉7⽇(⾦)より2作同⽇公開。

作品情報
観る順番で結末が変わるふたつのラブストーリー 映画『僕が愛したすべての君へ』 / 『君を愛したひとりの僕へ』プロジェクトPV映像が公開
映画『僕が愛したすべての君へ』

両親が離婚し、⺟親と暮らす⾼校⽣の⾼崎暦(たかさきこよみ)。ある⽇、クラスメイトの瀧川和⾳(たきがわかずね)に声をかけられる。85番⽬の並⾏世界から移動してきたという彼⼥は、その世界で2⼈が恋⼈同⼠であると告げる‥‥。

監督:松本淳

原作:「僕が愛したすべての君へ」⼄野四⽅字(ハヤカワ⽂庫刊)

制作:BAKKEN RECORD

配給:東映

©2022 「僕愛」「君愛」製作委員会

2022年10月7日(金) 全国公開

観る順番で結末が変わるふたつのラブストーリー 映画『僕が愛したすべての君へ』 / 『君を愛したひとりの僕へ』プロジェクトPV映像が公開
映画『君を愛したひとりの僕へ』

両親が離婚し、⽗親と暮らす⼩学⽣の⽇⾼暦(ひだかこよみ)。ある⽇、⽗の勤務先で佐藤栞(さとうしおり)という少⼥と出会う。お互いに恋⼼を抱くようになる暦と栞だったが、親同⼠が再婚することを知らされる。ふたりは兄妹にならない運命が約束された並⾏世界への駆け落ちを決断するが‥‥。

監督:カサヰケンイチ

原作:「君を愛したひとりの僕へ」⼄野四⽅字(ハヤカワ⽂庫刊)

制作:トムス・エンタテインメント

配給:東映

©2022 「僕愛」「君愛」製作委員会

2022年10月7日(金) 全国公開