Jun 22, 2022 news

「モブサイコ100」シリーズの監督が贈る ジャズに魅せられた青年の熱い物語 映画『BLUE GIANT』ティザービジュアルが公開

A A

シリーズ累計840万部突破の⼤⼈気ジャズ漫画「BLUE GIANT」のアニメーション映画『BLUE GIANT』。当初2022年公開を予定していたが、「BLUE GIANT」の世界をより良い形で表現するべく制作期間を延⻑し、2023年2⽉17⽇(⾦)に公開決定。

原作は、実写映画化もされた「岳」(映画『岳-ガク-』2011年公開主演:⼩栗旬)の⽯塚真⼀⽒による漫画。2013年から「ビッグコミック」(⼩学館)にて連載がスタートし、「マンガ⼤賞2016」で3位に選出、第62回「⼩学館漫画賞(⼀般向け部⾨)」を受賞。さらに第20回「⽂化庁メディア芸術祭マンガ部⾨⼤賞」を受賞するなど、旋⾵を巻き起こした。⼼を沸き⽴たせる熱い展開と涙なしには⾒られない感動のストーリー、⾳楽が聞こえてくるような圧倒的表現⼒が多くの読者の⼼をつかみ、数多くのメディアでも取り上げられた。

初の映像化に際しては、様々な選択肢がある中、「最⼤の⾳量、最⾼の⾳質で、主⼈公本⼈の奏でる⾳楽を届けたい」という制作陣の思いから実写でもなくシリーズでもなくアニメーション映画としての制作が決定。この度、ティザービジュアルが公開された。

「モブサイコ100」シリーズの監督が贈る ジャズに魅せられた青年の熱い物語 映画『BLUE GIANT』ティザービジュアルが公開

監督を務めるのは、「モブサイコ100」シリーズや興⾏収⼊91.8億円突破という⼤ヒットを記録した劇場版『名探偵コナンゼロの執⾏⼈』(18)でも知られる⽴川譲。脚本は「BLUE GIANT」連載開始時からの担当編集者であり、「BLUE GIANT SUPREME」以降、ストーリーディレクターとして⽯塚⽒とまさに⼆⼈三脚で作品を世に送り出してきたNUMBER 8が担当。さらに、アニメーション制作には「幼⼥戦記」(17)などで注⽬を集めるスタジオ・NUTが参加。⽴川監督とはTVアニメ「デカダンス」(20)に続くタッグとなり、ジャズに魅せられた⻘年が世界⼀のジャズプレイヤーを志す物語を壮⼤なスケールで描く。

「モブサイコ100」シリーズの監督が贈る ジャズに魅せられた青年の熱い物語 映画『BLUE GIANT』ティザービジュアルが公開
NUMBER 8(プロフィール画像)

【⽴川譲監督 コメント】
メインに描かれるのはジャズに対して必死に真摯に向き合う若者達の成⻑物語ですが、ジャズ好き限定な敷居の⾼い映画ではなく、ジャズを聞いたことがない⽅でも楽しめる作品を⽬指しています。原作「BULE GIANT」の根本にあるものはもっと普遍的な⼈間の「魅⼒的な⽣き様」だと思っています。カッコ悪くてもいい、泥臭くてもいい、そんな魅⼒的なキャラクターが沢⼭出てきます。毎⽇、全⼒で命を燃やすかのように⾳を出す主⼈公「⼤」と葛藤を抱えた仲間達が織りなす物語を、ぜひ⼀緒に体感してもらいたいです。「何かしたいけど、何をしたらいいか分からない」という問いに答えを出せる映画になるといいなと、思っています。

【NUMBER 8 コメント】
とにかく「原作を超える映画」を⽬標に、脚本を書かせていただきました。映画館には読者の⽅も、未読の⼩さな⼦供さんから⼤⼈まで来場されます。皆さんが「最⾼‥‥!」と⾔ってくれる物語を⽬指し、無数の打ち合わせを重ね、ついにそれが出来たと思っています。連載開始当初から、⽯塚さんとは「映像化は望むべくもない」と話していた本作品ですが、⽴川譲監督、制作陣、⾳楽班と最⾼のチームが集まって、最⾼の映画を作ってくれています。もう、絵コンテと⾳楽だけで号泣でした。是⾮、ご期待ください。

作品情報
「モブサイコ100」シリーズの監督が贈る ジャズに魅せられた青年の熱い物語 映画『BLUE GIANT』ティザービジュアルが公開
映画『BLUE GIANT』

ジャズに⼼を打たれサックスを始めた宮本⼤(ミヤモトダイ)は、⾼校卒業と同時に仙台から上京し、同世代の仲間と出会い全⾝全霊をかけ演奏にうちこむ⽇々を送る。ジャズに魅せられた少年が、世界⼀のジャズプレーヤーを志す物語。

監督:⽴川譲

原作:⽯塚真⼀「BLUE GIANT」(⼩学館「ビッグコミック」連載)
脚本:NUMBER 8
アニメーション制作:NUT

配給:東宝映像事業部

©2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会
©2013 ⽯塚真⼀/⼩学館

公式サイト bluegiant-movie.jp