Dec 16, 2021 news

原点を描く最新作 映画『バイオハザード』  ゲームの設計図を基に再現されたプロダクションデザインを語る特別映像が公開

A A

全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの大人気ゲームから生まれた、大ヒットサバイバル・アクション映画『バイオハザード』シリーズ。その「バイオハザード」の原点を描く新たな映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』。

巨大複合企業《アンブレラ社》の拠点があるラクーンシティ。カヤ・スコデラリオ演じるこの街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールドは、《アンブレラ社》がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。その後、街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにし、次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、アンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが‥‥。1998年9月30日、ラクーンシティ。この日、この街で何が起こったのか?

原点を描く最新作 映画『バイオハザード』  ゲームの設計図を基に再現されたプロダクションデザインを語る特別映像が公開

この度、プロダクションデザインについての特別映像が公開された。

ヨハネス・ロバーツ監督は、セットについて「ファンが見たら、ゲームの中にいるみたいだと驚くはずだ。」と話す。なんとゲーム発売元のカプコンから提供された設計図を基に建てたそうで、「忠実な洋館や警察署を建てることができた。どのフレームにも妥協がない。養護施設のドア、タイプライター、ハーブや鍵までもがゲームと同じだ。」と、振り返る。映像では、ゲームと映画の類似するシーンを確認することができる。

レオン・S・ケネディ役のアヴァン・ジョーギアも「プロダクションデザインがすごい」と目を輝かせ、カヤ・スコデラリオも「細部まで再現されていて小道具も衣装もゲームそのもの」と大絶賛。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は、2022年1月28日(金)より全国公開。

作品情報
原点を描く最新作 映画『バイオハザード』  ゲームの設計図を基に再現されたプロダクションデザインを語る特別映像が公開
映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』 

舞台となるのは、巨大複合企業<アンブレラ社>の拠点がある街、ラクーンシティ。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールドは、<アンブレラ社>がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールドはクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて二人は街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、二人は<アンブレラ社>が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが‥‥。

脚本・監督:ヨハネス・ロバーツ

出演:カヤ・スコデラリオ、ハナ・ジョン=カーメン、ロビー・アメル、トム・ホッパー、アヴァン・ジョーギア、ドナル・ローグ、ニール・マクドノー

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

2022年1月28日(金) 全国公開

公式サイト biomovie.jp/