Feb 24, 2022 news

愛に餓え苦悩を抱えていた知られざる“秘密” ドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』予告映像が公開

A A

初主演作となる『ローマの休日』(1953)でアカデミー賞を受賞、その後も『麗しのサブリナ』(1954)、『パリの恋人』(1957)、『ティファニーで朝食を』(1961)、『マイ・フェア・レディ』(1964)など、誰もが知る名作に出演し続け、銀幕のスターとして世界中から愛されてきたオードリー・ヘプバーン。彼女の知られざる人生と苦悩を描き出すドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』。

ファッションアイコンであり、永遠の妖精と呼ばれ、美の概念を変えた革新的な存在でスターとしての名声を得たオードリー 。彼女は世界中から「愛された」一方、実生活では愛される喜びを得られなかった。しかし、生涯をかけて「愛すること」を信じ、与えることを貫いた。本作では、過去の貴重なアーカイブ映像と近親者によるインタビュー映像をふんだんに盛り込み、名声の裏に隠された本当の姿を紐解いていく。

愛に餓え苦悩を抱えていた知られざる“秘密” ドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』予告映像が公開

公開された予告映像では、ハリウッド黄金期の伝説的スターとして華々しく輝くオードリーの姿が映しだされる一方で、父との確執や、愛に餓え苦悩を抱えていた彼女の“秘密”が少しずつ明かされていく。葛藤を抱えていたオードリーがなぜ、誰よりも「愛すること」を信じ、「愛を与える道」に進むことができたのか。

本映像のナレーションを務めているのは、これまで『ローマの休日』、『麗しのサブリナ』、『マイ・フェア・レディ』、『ティファニーで朝食を』など、オードリー・ヘプバーン出演作の多くで日本語吹き替えを担当してきた池田昌子。日本で非常に馴染みが深く、往年のオードリーを彷彿とさせる、聞けば誰もが納得するオードリーの声。

池田昌子のコメント
『許されざる者』の吹替スタジオでオードリー・ヘプバーンを大画面で観た時、暫く観とれて台詞が出ませんでした。『ローマの休日』『麗しのサブリナ』『戦争と平和』などなど、いつもドキドキしていました。ユニセフ親善大使になった時のニュース映像のヘプバーンは戦争で破壊されたエチオピアの大地を化粧もせずジーパンで走り回っていました。孤児院で笑みを浮かべて小さい子供を抱きしめるヘプバーン、映画とは全く違う姿に本当のヘプバーンを見た気がしました。『オードリー・ヘプバーン』を是非ご覧ください。

愛に餓え苦悩を抱えていた知られざる“秘密” ドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』予告映像が公開

ドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』は、5月6日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国公開。

作品情報
愛に餓え苦悩を抱えていた知られざる“秘密” ドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』予告映像が公開
ドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』

美の概念を変えた革新的な存在で、ファッションアイコンであり、永遠の妖精と呼ばれ、スターとしての名声を得たオードリー 。しかし世界中から「愛された」彼女は、実際は愛される喜びを知らず、誰より「愛すること」を信じ、貫いたひとりの人間であった。貴重なアーカイブ映像とともに近親者によって語られ、名声に隠された本当の姿が描かれるオードリーの決定版長編ドキュメンタリー映画。

監督:ヘレナ・コーン

出演:オードリー・ヘプバーン、ショーン・ヘプバーン・ファーラー、エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー、クレア・ワイト・ケラー、ピーター・ボクダノヴィッチ、リチャード・ドレイファス

配給:STAR CHANNEL MOVIES

© 2020 Salon Audrey Limited. ALL RIGHTS RESERVED.
©️Pictorial Press Ltd / Alamy Stock Photo

2022年5月6日(金) TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほかにて全国公開

公式サイト audrey-cinema.com