Apr 14, 2022 news

全世界が熱狂したポップサウンド 映画『a-ha THE MOVIE』より1984年来日時の本編映像公開

A A

デビュー曲「Take on Me」で、その革新的なMVとともに大きな話題を呼んだ、シンセポップバンドa-ha。世界中を魅了したバンドの軌跡を追ったドキュメンタリー映画『a-ha THE MOVIE』より本編映像が一部公開された。

この度の公開された映像のなかには、1986年、初のワールドツアーで7月に来日した際の様子が、「The Sun Always Shine on TV」にのせて映し出される。

当時、世界中で人気絶頂中のa-haに、夏の日本列島は熱狂。浅草、銀座と、日本滞在中のa-haのメンバーが行くところ行くところににファンが押し寄せカメラを向ける。また、移動中の新幹線の中で、ポールがアコースティックギターを弾き、モートンが「Hunting High and Low」を歌う貴重なシーンも。当時を知る人たちは懐かしく、知らない人たちは驚く映像だろう。

a-haは、紛れもなく世界を席巻した、最も偉大なバンドのひとつだが、そのことに気づかれていない。世界中が恋に落ちた「テイク・オン・ミー」から35年ーー彼らが駆け抜けた夢と絆の記録、ドキュメンタリー映画『a-ha THE MOVIE』は2022年5月20日(金)より全国公開。

作品情報
全世界が熱狂したポップサウンド 映画『a-ha THE MOVIE』より1984年来日時の本編映像公開
映画『a-ha THE MOVIE』

ノルウェー出身のモートン・ハルケット、ポール・ワークター、マグネ・フルホルメンの3人により結成されたシンセポップバンド、a-ha。革新的なMVが大きな話題を呼んだデビュー曲「Take on Me」が米ビルボード1位を獲得、ファーストアルバム「Hunting High and Low」が全世界で1,100万枚以上のセールスを記録し、一気にスターダムを駆け上がった。その後もヒット曲が次々に生み出されるが、栄光の影で次第にメンバーの間に溝が生まれていく。彼らが抱いた夢、そして音楽が繋いだ強い絆とは‥‥。3人の出会い、バンドの誕生、狂騒の80年代から90年代、解散、そして再結成を経て、いまだ進化を続ける彼らの軌跡を追った感動のドキュメンタリー。

監督:トマス・ロブサーム、アスラーグ・ホルム

出演:モートン・ハルケット、ポール・ワークター、マグネ・フルホルメン

配給:クロックワークス

© MOTLYS, FENRIS FILM, KINESCOPE FILM, NEUE IMPULS FILM 2021

2022年5月20日(金) 新宿武蔵野館ほか全国公開

公式サイト klockworx-v.com/a-ha