Nov 09, 2016

インタビュー

「憧れの笹野高史を前に、笑いをこらえきれず…?」映画『オケ老人!』黒島結菜インタビュー

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

杏が満を持して映画初主演を務める映画『オケ老人!』。その中で、杏演じる教師・千鶴に何かとおせっかいを焼く女子高生・和音として出演するのが黒島結菜だ。2012年のデビュー以来、映画、テレビドラマ、CM、舞台などで幅広く活躍し、今夏には『時をかける少女』で初となる連続テレビドラマ主演も果たしている。今後さらなる飛躍が期待される彼女に、『オケ老人!』の魅力や共演者とのエピソード、沖縄の家族のこと、将来の目標などについて話を聞いた。

 

杏さんのおかげで
自然体で撮影に臨むことができました

──まず今回出演された『オケ老人!』ですが、タイトルからインパクト抜群ですよね。

そうなんですよ! 「次に出る作品は?」と聞かれて「オケ老人!」って答えたら、絶対「えっ!?」って聞き返されますから(笑)。私も最初に聞いた時は「どんな作品なんだろう?」と思って原作を読んで、「なるほど、その“オケ”か~!」と。今ではこのタイトルも違和感はないですし、大好きです!

──そうそうたるベテランのキャストが勢ぞろいしています。

ここまで年上の方々が大勢出演する作品は初めてです。ただ私は杏さんや坂口(健太郎)くんとのシーンが多くて、なかなか皆さんとお会いする機会がなかったんですよ。なので、皆さんとご一緒するシーンの撮影に入る時は緊張しました。「どんな現場なんだろう…」ってドキドキして入ったんですけど、皆さんとても楽しそうで! 映画の世界そのまんまの雰囲気だったので、私も楽しかったです。

 

interview-1

 

──笹野高史さん演じる秀太郎の孫・和音役でしたが、黒島さんは和音をどんな子だととらえていましたか?

思ったことはハッキリ言う性格で、真面目で一生懸命な、おじいちゃん思いの女の子ですね。おじいちゃんのために千鶴先生(杏)を言いくるめる場面も、優しさと一生懸命さが表れていて、素敵で魅力的だと思いました。また、千鶴先生とも親しくなるんですが、学校の先生とあんなに親しくなることってなかなかないと思うんですよ。しかも彼氏は年下だし。だから、誰とでも上手に接することのできる器用な子というイメージで演じました。

──黒島さん自身は、誰とでも上手に接することのできるタイプですか?

和音は上下問わず幅広くですけど、私は年上の方とは仲良くなれますね。それこそ杏さんだったり、現場のスタッフさんだったり…最近仲のいい人は10歳くらい上の方が多いです。特にこのお仕事を始めて、自分より年上の方と関わることが増えたので、そのせいもあると思います。

 

interview-2

 

──年下に対しては?

年下の子とも仲良くなりたいんですけど、どういうふうに接したらいいのかな?と思っていて…。最近では現場でもだんだん年下の子が増えてきて、「あれっ、いつの間に!? どうしよう…」って思っているところなんですよ。今は接し方を探っている状態ですね(笑)。

──黒島さんは杏さんとのシーンが多かったと思いますが、共演してみていかがでしたか?

クランクインの日に杏さんからいっぱい話し掛けていただいて、現場にもすぐに馴染むことができました。私は今まで休憩時間にセリフ合わせをすることってほとんどなかったんですけど、杏さんが「ちょっと(セリフを)合わせてみようか」と言ってくださったり、現場での安心感がありました。リラックスして自然体で撮影に臨むことができましたし、その空気を作ってくださったのも杏さんなので、本当にありがたかったです。

 

_dsc4941

 

──祖父役の笹野さんとは?

私、いち視聴者として笹野さんのファンだったんですよ! 『モニタリング』(TBS系)を見て、一度お会いしてみたいと思っていたので、共演できると聞いた時はすごくうれしかったです。

 

_dsc5325

 

──実際に笹野さんの演技を目の当たりにして、いかがでしたか?

現場でもやっぱり面白くて、「すごい!」って思いました。おじいちゃんが携帯のデータを消して和音が怒るシーンがあるんですけど、その時の笹野さんの悔しがり方が面白くて、私は怒らなきゃいけないのに笑っちゃって(笑)。でも、笹野さんの面白さはわざとらしくないんですよ。無理に笑わせようとしているんじゃなくて、本当に演技が自然なんです。笹野さんと共演して、たくさん勉強になりました。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加