Apr 16, 2019 interview

岸田繁インタビュー【前編】:リラックマの世界を彩る音楽、くるりによる主題歌に込めた想い

A A

“くるりっぽさ”が「ちょうどよく溶けるよう」意識した主題歌の制作秘話

──主題歌となっている「SAMPO」は、あくまでも映像のバックで流れているものではありますが、そこはかとなく感じるくるりサウンド、そして思わず口ずさみたくなる歌詞のキャッチーさが印象的でした。

ああ、そうでしたか……。

──「SAMPO」のレコーディングはくるりのみなさんで行われたそうですが、くるりの音楽として作るのと、今回のように何かの作品の音楽として作るのとでは、岸田さんの中でも差別化されているのでしょうか?

そこがすごく悩ましいところでもありまして。僕自身は、ボーカル入りの曲をこういった作品の音楽に持ってくるのって、あんまり賛成していないほうなんですよね。

──ということは、先ほどの私の発言は……。

できるだけ存在感を消そうと思って作っていたんです、実は(笑)。でも、やっぱり出てしまうので。だから、くるりっぽさみたいなのをすごく出すと、(その作品の)世界を壊してしまうこともありますし。とはいえ、くるりに、ということでいただいているお話でもあるので、それがちょうどよく溶けるように。そこは難しいところではありました。

ただ、作品の中で流れる(歌詞のない)音楽のほうは、わりと物語の心象風景的なところを俯瞰で見てる曲が多いんです。例えば、悲しいシーンで流れる音楽も、あんまり悲しくなさそうな、気持ちが入ってなさそうな音楽に敢えてしたりしていて。そういう中で、このボーカル入りの「SAMPO」という曲と、もう一つ「リラックマとカオルさんのテーマ」の2曲だけは、他の曲よりも温度感を上げることを意識して作りました。

──「SAMPO」で歌われているのは、カオルさんに向けてのメッセージのようでもあり、歌詞の中には“リラックマ”という言葉も出てきます。

まぁ、リラックマの話なので(笑)。物語の中でリラックマは「ふぅ~ん」くらいしか言わへんけど(笑)、やっぱり何か、いろんなメッセージを発してはるから、教えてほしいなぁと思って。(歌詞の“教えてリラックマ”は)そういうカオルさんの心の声を反映しました。

で、カオルさんのほうは、物語の中で、ちょっとプンスカ怒ったり、落ち込んだり、何かでちょっとぬか喜びしたり、わりとエモーショナルなようでいて、どこか温度の低い感じがするんですよね。見る人が見たら、共感できるところもあるでしょうし、もっと考えろよって思う人もいると思うんですよ。この作品は彼女の物語でもあると思うんですけど、あのテンポ感で生きていて、リラックマがいるからそれなりにやっているんやなと思いつつ、見てるとちょっと心配になるんですよね。なので、私なりのカオルさんに対する想いというか。“3歩進んで2歩下がる”じゃないですけど、それでも一応進んでるよっていう。しかも、それは時間のかかることやから、今ジタバタしてもしゃあない。けど、あなたにはあなたのタームがあるというか。勝手に来る時は来ますし。とはいえ、それに期待とかしないように、ただ過ごしてくださいっていう(笑)。そんな想いを込めました。

──視聴者にとっては、それが心地良いんだと思います。もっと頑張れと発破をかけるのではなく、自分のペースでいいんだよ、というような。

あぁ、それはそうですね。あんまり景気のいい曲やと、リラックマが置いていかれる感じになると思ったんです。なので、リラックマくらいのテンポ感で、カオルさんの背中を押せればなと思って作りました。

取材・文/片貝久美子
撮影/中村彰男

プロフィール
岸田繁(きしだ・しげる)

1976年生まれ、京都府出身。立命館大学在学中に“くるり”を結成。1998年に「東京」でメジャーデビューを果たして以降、12枚のオリジナルアルバムを発表。『ジョゼと虎と魚たち』(03年)、『奇跡』(11年)など数々の映画の音楽を担当。2016年には「交響曲第一番」を発表し、今年3月に『岸田繁「交響曲第二番」初演』をCD・配信リリース、東京公演を成功させた。現在、本作「リラックマとカオルさん」のサウンドトラックが配信中。

作品情報
Netflixオリジナルシリーズ「リラックマとカオルさん」

ちょっとトボけたアラサー女性のカオルさんは、都内の小さな商社で働くごく普通のOL。ひとつ変わっていることは、いつの間にか住み着いたリラックマ、コリラックマ、そして掃除が大好きなキイロイトリと暮らしていること。真面目なことに少々のコンプレックスを抱いているカオルさんと、呑気なだららん生活を送るリラックマたちが過ごす色とりどりの12カ月をストップモーションで描く。
監督:小林雅仁
脚本:荻上直子
声の出演:多部未華子 ほか
音楽:岸田繁
主題歌:くるり「SAMPO」
クリエイティブアドバイザー:コンドウアキ
アニメーション制作:ドワーフ
Netflixにて2019年4月19日(金)より全世界配信
© 2019 San-X Co., L​ t​ d. All Rights Reserved. Netflix
作品ページ:http://www.netflix.com/rilakkumaandkaoru


【サウンドトラック情報】
岸田繁「リラックマとカオルさん オリジナル・サウンドトラック(Netflixオリジナルシリーズ)」
配信中
配信形態:ハイレゾ配信(96kHz/24bit)、配信ダウンロード、定額制ストリーミング

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10