Jan 29, 2021 interview

仕事で誰かを救いたい。『ヤクザと家族 The Family』出演の磯村勇斗が語る俳優としての2021年

A A

『新聞記者』で映画賞を総ナメにした藤井道人監督と制作会社スターサンズが次に手がけるのは“新しいヤクザ映画”。綾野剛、舘ひろしが血の繋がらないヤクザの親子関係を演じるだけでなく、ヤクザが家族を作り、妻と子供の視点もしっかりと描くことで人々の心を浮き彫りにした『ヤクザと家族 The Family』。綾野剛演じる山本に影響され育った翼の青年期を演じるのは、若き演技派・磯村勇斗さん。熱い思い溢れる先輩俳優達との撮影現場や、俳優として“コロナ禍の今”何を感じているのか、磯村さんに想いを伺いました。

仕事で誰かを救いたい。『ヤクザと家族 The Family』出演の磯村勇斗が語る俳優としての2021年


再生ボタンを押すと磯村勇斗さんのラジオトークがお楽しみいただけます

――この作品へ出演が決まった時、どう思われたのですか?

凄く喜びました。マネージャーさんと一緒に道を歩いている時に聞いたのですが、両手を上げて喜んだ思い出があります(笑)

――藤井道人監督による撮影現場に入った時の空気感はどう感じられましたか?

現場はとても良い空気感でした。僕は後からの合流だったのですが、藤井監督や(綾野)剛さんから、事前に母親役である寺島しのぶさんにおぶわれている子供の頃の翼の写真や現場の写真を送って頂いていたので、何となく現場の空気感、世界観を共有出来たうえで参加することが出来ました。とても入りやすい現場作りを藤井監督と剛さんが作って下さいました。

だけど、あらかじめ写真を送ってくれるみたいな事ってなかなかないんです。お二人の作品にかける想いをより強く感じたので“自分もその想いについて行こう”と思い、色々と翼について考えたりもしました。

――磯村さんが演じられている翼が登場した時、綾野さん演じる山本の影響を凄く受けているスタイルが感じられました。リサーチなどしたのでしょうか?

リサーチというよりも自分は剛さんに元々憧れていたのでそのバックボーンがあるというか・・・。それを活かしつつもクランクイン前に剛さんとご飯に行ったりもしたので、そういうところで関係性が一日目にして築き上げていけた気がしています。あとは剛さんの温かく迎えてくれた言葉や心のお陰で、磯村勇斗から翼にそのまま移ったような気がしています。

――この映画を観た時、磯村さんにインタビューしたいと思ったんです。その理由は、登場からラストまでの存在感や感情の変化を身体で表現する演技人としてなのですが。実際に映画をご覧になった感想を教えて下さい。

台本を読んでいる時は自分の中のイメージでしかないし、他のシーン(現場)は見られなかったので、男たちの熱い想いとか、それにプラスされている剛さんや市原(隼人)さんが俳優として経験してきた人生そのものをこの映画にぶつけているような感じがしました。役を超えた深いものが映像の中にあった気がします。

――そう考えると、磯村さんにとってもこの作品はこれからの役者人生に大きな影響を与えたのではないでしょうか。

そうですね。現場で藤井監督からも「間を怖がらなくていい。無理しなくていい」というような事を言って頂いて、もう一度お芝居について考えるきっかけを作って下さったので、自分の俳優人生の中でまた一つのターニングポイントになるのではないかと思います。

――舘ひろしさんや市原隼人さんとはお話しできたんですか?

舘さんとは同じシーンがなかったので、たまたま控室でお会いした時に「初めまして」とご挨拶したぐらいです。

市原さんとも控室でお会いした時にちょっとお話させて頂いたくらいで、全くお話していなかったのです。でも(2020年)年末のミュージックビデオ撮影でご一緒した時に凄く色々とお話して、一気に親睦が深まりました(笑)「何であの時(映画撮影時)に話さなかったんだろうね」というぐらい、凄くイイ兄貴です。

仕事で誰かを救いたい。『ヤクザと家族 The Family』出演の磯村勇斗が語る俳優としての2021年
SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10