Jul 29, 2022 column

第15回:米古生物学者も唸る『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の恐竜と、映画の歴史を変えたパイオニアたち

A A

特殊効果SFXの巨匠スタン・ウィンストンのレガシー

2008年はスピルバーグ監督にとって悲しい年。著者マイケル・クライトンが66歳で亡くなり、スタン・ウィンストンが62歳で他界した年である。彼の名前を最初に世に知らしめたのは『ターミネーター』の特殊メークとサイボーグの骨格。ロボットや空想の動物など、人工の皮膚などで物体を覆い、リアルに形を造形し、そのアニマトロニクスを操作するアーティスト。着ぐるみの延長で、人間がその造形物を動かすなど、当時、その技術で右に出る者はいなかった。

彼のお葬式には、ジェームズ・キャメロン、シュワルツェネッガーなど多数の著名人が賛同。スピルバーグ監督は「スタンは私たちの夢を自身の夢にブレンドさせて、それらの夢をペンや粘土や、のちにコンピューターで描き、命を吹きこんだんだ」と故人を忍んだという。

第15回:米古生物学者も唸る『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の恐竜と、映画の歴史を変えたパイオニアたち
© 2022 Stan Winston School. All rights reserved.

優れたビジョンの持ち主だったスタン・ウィンストンは映画『ジュラシック・パーク』の仕事が決まるまえに、ロサンゼルス北にあるスタジオを隣接のビルを購入して増築。T-レックスなどを撮影することを予測し、屋根を高くする工事を開始していた。スタジオの中には、メカニカル部、ヘアー・デパートメント、モールド・メイキング / ペインティングの部屋など、各部署で『ジュラシック・パーク』撮影のための準備が万全に整えられていた。

私も『ジュラシック・パーク3』(2001)の取材のため、スタン・ウィンストン工房を訪れたことがあるが、所狭しと、関わった映画で使われたキャラクターたちが並んでいて感動した。現在は、レガシー・エフェクツ(築いた技術を継承するという社名)と名が変わり、ウィンストンの弟子たちによって、SFX技術が引き継がれている。

時代はほぼ、その30年後。いまだに弟子たちから愛される存在として、インスタグラムで忍ばれているだけでなく、彼の業績は、ウェブ上でも学ぶことが可能。未来のクリエイターの卵たちに息を吹きかけ続けている。(参考:Stan Winston School

文 / 宮国訪香子

作品情報
第15回:米古生物学者も唸る『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の恐竜と、映画の歴史を変えたパイオニアたち
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

『ジュラシック・パーク』シリーズの第6作目であり、『ジュラシック・ワールド』3部作の最終章にあたる。

監督:コリン・トレヴォロウ

出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、BD・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ

吹替版声優:玉木宏、木村佳乃 ほか

配給:東宝東和

TM & © 2020 UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.
© 2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.
© 2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

公開中

公式サイト jurassicworld.jp

宮国訪香子

L.A.在住映画ライター・プロデューサー
TVドキュメンタリー番組制作助手を経て渡米。 ニューヨーク大学大学院シネマ・スタディーズ修士課程卒業後、ロサンゼルスで映画エンタメTV番組制作、米独立系映画製作のコーディネーター、プロデューサー、日米宣伝チームのアドバイザー、現在は北米最大規模のアカデミー賞前哨戦、クリティックス・チョイス・スーパー・アワードの米放送映画批評家協会会員。趣味は俳句とワインと山登り。