[日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語再発見コミックエッセイ]
私達が今まで気付かなかったところにも
日本語のよさがあるっていうことを知れて、
視野が広くなったかなと思います

「日本人の知らない日本語」と出会ったのは小学生の頃。3、4年生の頃だったんですけど、もともと国語とか漢字が大好きで、自分では学年で一番日本語のことを知ってるっていう自信があったくらい国語の勉強が好きだったんです。その時にもっと日本語のことを知りたいなと思って調べていたら、学校の先輩が読んでいて、面白そうだなと思って親に買ってもらったのがきっかけでした。

 この本の作者は日本人の方なんですけど、舞台が外国人の日本語学校で、普段私達が見ている目線とは全然違った目線から日本語を見つめているので、私にとってまったく知らなかったこととか、知っていても気にもとめなかったことなんかを知ることができて、それがすごく面白いんです。外国人の人はこういう日本語でつまずくんだ、とか、私達が普通に使っている言葉でも外国の人にしたら難しいんだ、とか。逆に教えてもらうこともたくさんありました。私がこの本で初めて知ったことは、目上の人に対して「頑張ってください」っていうのは失礼なことで、正しくは「お疲れの出ませんように」って言うそうなんです。でもそんなの聞いたことがなくて(笑)。結局まだ「お疲れが出ませんように」は使ったことないです。

 あと、指で数を数えるときに、普通親指から折っていくものだと思っていたんですけど、他の国ではそうじゃなかったことにもビックリしました。この本を読んでから、普通に何気なく使っていた日本語にもいろんな面白さがあって、私達が今まで気付かなかったところにも日本語のよさがあるっていうことを知れて、視野が広くなったかなと思います。言葉もそうですけど、外国の文化を知ることもできるんです。サンタクロースは日本ではプレゼントを持ってきてくれるけど、他の国では悪いことをした子供をさらっちゃうんだとか、国によっていろんな違いがあることも知れて興味深いです。

 今は4巻まで出ている本なんですが、国語が苦手な人もそうじゃない人も楽しめるし、この本を読んだら自分の世界をより広げられる作品なんじゃないかなと思いますので、ぜひ読んでみてください。

[日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語再発見コミックエッセイ] 紹介POP!

影山優佳さんのおすすめ本を
電子書籍でチェック!

日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語再発見コミックエッセイ

蛇蔵、海野凪子

KADOKAWA / メディアファクトリー

日本語ってこんなふうになってたのか!? 思わず「ほ~っ!」の日本語、再発見コミックエッセイ登場! 日本語学校に集まるマジメな外国人生徒たち。そんな彼らの、外国人ならではの日本語の使い方やギモンの数々は、私たち日本人も知らなかった日本語の一面を教えてくれます。

【合本版】日本人の知らない日本語 全4巻収録

蛇蔵、海野凪子

KADOKAWA / メディアファクトリー

シリーズ累計230万部突破&ドラマ化もされたベストセラー『日本人の知らない日本語』がお得な合本で登場!!「日本語の謎」に日々気づかされる日本語教師・凪子先生と、日本語学校に集まるマジメな外国人生徒たち。 生徒たちの外国人ならではの日本語の使い方やギモンの数々は、私たち日本人も知らなかった日本語の一面を教えてくれます。日本語ってこんなふうになってたのか!? 思わず爆笑して、そしてためになる、日本語再発見コミックエッセイ!※本電子書籍は『日本人の知らない日本語』シリーズ全4巻の合本版です。1冊に全巻を収録した合本形式での配信となります。あらかじめご了承ください。

世界音痴

穂村弘

小学館

人気歌人は究極のダメ男?爆笑と落涙の告白
末期的日本国に生きる歌人、穂村弘(独身、39歳、ひとりっこ、親と同居、総務課長代理)。雪道で転びそうになった彼女の手を放してしまい、夜中にベッドの中で菓子パンやチョコレートバーをむさぼり食い、ネットで昔の恋人の名前を検索し、飲み会や社員旅行で緊張しつつ、青汁とサプリメントと自己啓発本で「素敵な人」を目指す日々。<今の私は、人間が自分かわいさを極限まで突き詰めるとどうなるのか、自分自身を使って人体実験をしているようなものだと思う。本書はその報告書である>世界と「自然」に触れあえない現代人の姿を赤裸々かつ自虐的に描く、爆笑そして落涙の告白的エッセイ。