[楽園のカンヴァス]
美術の知識がまったくなかったんですけど、
この本を読んで美術作品に興味が沸きました

 もともとあまり本は読んでなかったんですけど、ここ最近すごく読むようになったんです。この「楽園のカンヴァス」を手にしたきっかけは、いろんな番組などで紹介されていたのを知っていて、前から読んでみたいなと思っていたところ、本屋さんに並べられてあったので買ってみました。“美術ミステリー”というところに特に惹かれました。

 アンリ・ルソーという画家の研究者二人が、ルソーの「夢」と、それに似た絵の取扱い権利をめぐって、その作品について調べていって、謎を解き明かしていくというお話です。美術の知識がまったくなかったんですけど、この本を読んで美術作品にもすごく興味が沸きました。この本の中にはいろんな美術作品が出てくるんです。なので、その作品を調べて、どんな絵なのか見てみたり、興味をもったりしました。美術館にも行ってみたいなと思います。

 この「楽園のカンヴァス」は、どんどん謎が解かれていくところがすごく気持ちがいいなと思いました。文章がすごくきれいで、ロマンスもあったりするし、美術について全然興味がないという人にも、興味をもってもらえるきっかけになるんじゃないかなと思います。あと、美術に対してこういう職業があるんだ!みたいなことを知ることもできます。全然知らない世界ばかりが書かれていて、すごく読んでよかったなと思います。原田マハさんの本は、こういう美術関係の本がたくさんあるので、もっと読んでみたいなと思います。

[楽園のカンヴァス] 紹介POP!

織田奈那さんのおすすめ本を
電子書籍でチェック!

楽園のカンヴァス

原田マハ

新潮社

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。

※『だから荒野』は電子書籍の配信はございません。