高校生の青春ラブストーリー
いいですよね、高校生に戻りたいなって今思いました(笑)

──新井さんが本を読むようになったきっかけはどんなことですか?

新井高校の時に図書委員になったのをきっかけに読むようになった感じです。それまではあんまり読んでなかったんですよ。高校2年生の時に図書委員になって、図書委員になるとクラスの人たちに本を紹介しないといけなかったんですね。それで最初何を読もうかなと探していて。小説とかじゃないとダメって言われてたので小説の棚で探してたんですけど、その時にパッと目に入ったのが、この「わたしの恋人」だったんです。どんな本だろうと思って手に取ってみたら、この表紙の絵がすごくかわいくて。裏表紙のあらすじを読むと、恋愛系のストーリーだったので、これなら読めるかもなってことで読んでみたんです。そしたら結構、高校生とか中学生とかの甘い感じ、青春な感じの物語で、読んでるうちにこの後どうなるんだろうって気になって、気がついたら夢中になって読んでいた作品です。

──それまであんまり本を読んでなかった新井さんを夢中にさせたのは、「わたしの恋人」のどういうところでしょう?

新井共感できる部分がすごくたくさんある作品で、好きになってお互いをどう思ってるのかな、とか、家庭環境がちょっと複雑な女の子と、すごくいい家庭環境で育った男の子の物語なんですけど、お互いの環境を理解していくっていうのは難しいことだけど、最終的には“ああ、そうなんだ”って納得して2人が幸せになる方向に向かっていくっていう、そこに胸を打たれたというか。すごくいい作品だなと思って。共感できる部分があるって、高校生や中学生が読んでも楽しめる部分なんじゃないかなと思いました。今回久しぶりにパラパラと読んでみたんですが、ああやっぱりいいなあって、キュンキュンしました(笑)。

──この本は主人公の男の子が女の子のクシャミを聞いて恋に落ちるわけですが、新井さんが男性にキュンとするポイントってどんなところですか?

新井なんだろうなあ……、普段は男の子同士で遊んでたりして全然女の子に優しくなさそうなんだけど、ふいに優しくされるとか。“え?!”みたいな(笑)。なんかいいですね、高校生に戻りたいなって今思いました(笑)。今は大学に入りたてで女の子としか話したりしないので。

──本はあまり読んでなかったということでしたが、マンガはどうでした?

新井マンガはすごい好きでしたね。少女マンガが好きで、女子流メンバーも好きだったりするので借りたりとかしてました。私、中学校まで地元から東京に通ってたんですよ。だから東京駅の本屋さんでマンガを買って新幹線に乗って、それを読みながら2時間ぐらい掛けて地元に帰るみたいな感じで。でも、すぐ読み終わっちゃうんですよね、集中して読むから。だから「もうちょっと買っとけばよかった!」と思うこともありました。

──少女マンガも選ぶのは恋愛系ですか?

新井恋愛系でしたね。「君に届け」とか、「好きです鈴木くん」みたいな恋愛系の少女マンガが多かったです。こんなことあったらいいなあって思い出しながら(笑)。あとは「うさぎドロップ」とか。

──マンガと言えば、東京女子流の映画「5つ数えれば君の夢」がコミカライズされましたよね。自分たちがマンガになるってなかなかない経験だと思いますが、いかがでしたか?

新井今日マチ子先生に描いていただいたんですけど、もうそっくりで。まさか描いていただけるとは思ってなかったので、素晴らしい経験でしたね。キャラクターがそれぞれに合ってたので、見ててすごい楽しめたし、細かい部分まで再現されていたので、すごく新しい感じでした。やっぱりキャラクターがかわいかったですね。“これが私だ!かわいい!”ってなりました。ファンのみなさんとかも読んでくれてたりして、映画も含め本も読んでもらえるってすごい嬉しかったです。

──さらに遡って、絵本とかで記憶に残ってることはありますか?

新井おばあちゃんが読み聞かせで昔話をよく読んでくれてたんですよ。「赤ずきんちゃん」とか「3匹の子ぶた」とか、ちっちゃい本を読み聞かせてもらってました。

──それを聞くのは好きでしたか?

新井好きでした。あと、おばあちゃんが本もそうなんですけど、歌もよく教えてくれたりしてて。それで歌うことが好きになって、私自身も歌に興味を持ったんです。

──おばあちゃんの影響は大きいですね!

新井おばあちゃんがキーパーソンでした(笑)。

新井ひとみさんが好きな本を
電子書籍でチェック!

作りおきサラダ

主婦の友社 (編)

主婦の友社

「作りおきサラダ」とは、できたてはもちろん、冷蔵庫に入れておいてもおいしさそのままで食べられるサラダ。ポテサラ、マカロニサラダ、ラタトュイユ…一度作って何度もおいしいおかずになります。また、ねかせるからこそどんどんおいしくなるサラダも「作りおきサラダ」のもうひとつの魅力。マリネサラダ、コールスロー、ナムル…時間がたつほど味がじんわりしみこんで、勝手においしくなってくれるんです。冷蔵庫から出してそのままテーブルに並べられる副菜がいくつかあると、献立がいっきに完成します。おべんとう、おつまみにも使えて体も喜ぶ、安心の120品。いつでも野菜が食べられるディップやソースの作りおきもご紹介します。

わたしの恋人

藤野恵美/KADOKAWA

角川書店

保健室で出遭った女の子のくしゃみに、どきんと衝撃が走った。高校一年の龍樹は、父母の不仲に悩むせつなと付き合い始めるが--。かたくなな心が次第に自由を取り戻すまでを、爽やかなタッチで描く!

※『syunkonカフェごはん 4』は、電子書籍の配信はございません。