Apr 24, 2018

ニュース

女性ファッション誌「ViVi」がイベントを開催! トリンドル玲奈「河北麻友子はいてくれないとダメな存在。しっかりしていて最強です!」

4月23日、東京・Zepp DiverCity TOKYOで女性ファッション誌「ViVi」主催のイベント「ViVi Night in TOKYO 2018 KIRA KIRA PARTY」が開催された。1983年5月に創刊され、今年35周年を迎える「ViVi」。松嶋菜々子や山口智子、佐田真由美、水原希子らも専属モデルを務めるなど、多くのモデルや女優を輩出し、常にガールズトレンドをリードしている。

現在、専属モデルを務めるのは、トリンドル玲奈、河北麻友子、八木アリサ、玉城ティナ、emma、立花恵理、谷マリア、瑛茉ジャスミン、藤井サチ、miu、古畑星夏、藤田ニコルの12人。イベント前に、トリンドル、河北、八木、玉城、emmaの5人が会見を行った。イベントが「KIRA KIRA PARTY」ということで、5人もキラキラした衣装で登場。衣装のテーマを聞かれると、「私は完全にバブリーな感じの衣装なので、キラキラバブリーです。ニーハイブーツに注目してもらいたいですね」(emma)、「私のテーマは花の妖精です。全体的にお花なところとキラキラしているところを見ていただきたいです」(河北)、「私のテーマはお花です。でも、風船担当にします(笑)。本番でも風船を持ったり、お客さんに配ったりする予定です」(トリンドル)、「私は金ピカ担当?(笑)勝手に“強そうな女性”を意識しています」(八木)、「すごくピタッとしたシルエットですけど、上からPVCと呼ばれるビニール素材のものを重ねていて、ニーハイとのバランスが可愛いなって思います」(玉城)と、それぞれのテーマやお気に入りポイントを教えてくれた。

 

 

ほかに、「モデル同士、本当に仲が良いのか?」という質問には全員一致で「仲が良い」と答え、先日、ViViの専属モデル全員で食事会も行ったという。この会を行うことを提案したのは河北麻友子。「私と玲奈が一番先輩で、こういうことは私たちのどちらからが言わないと始まらないので、一番年上の私が」と。店の予約も河北が行い、リーダーシップを発揮したという。「本当にもう、麻友子はいてくれないとダメな存在です。しっかりしていて最強の人です!」と、トリンドルはリスペクトの眼差しで河北を見ながら、うれしそうに答えていた。

この日のイベントは、カズニョロ(小籔千豊)と川瀬良子がMCを務め、きらびやかなショーで観客を魅了。平井大、lol -エルオーエル-のライブも行われた。そして「ViVi」は35周年を迎えた特別企画として専属モデルオーディションを行うことを発表。一般読者もインフルエンサーも、モデル経験者も応募可能だ。「ファッションが大好きな子で、私服も自分の個性がある子が『ViVi』に入ってくれたらうれしいなと思います」(emma)。

文 / 田中 隆信
撮影 / 藤原慶

 

関連書籍

 

ViVi  2018年6月号

出版社:講談社

◇たましろzine◇この夏、可愛くて目立てる人気の水着って?◇おしゃれは、顔から始まる◇ViViモとTシャツ◇今買いトレンドHits◇BLACKPINKスタイルがお手本◇ソウル発・最新“チョアメイク”◇emma的K-STYLE◇GUの最強アイテム◇DOBERMAN INFINITY “DOG YEAR!”◇TWICE ミナ◇加藤ミリヤ◇柳俊太郎◇河北麻友子◇ビビビッ!西野カナ、太賀、E-girls※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。

■電子書籍で購入する
Reader Storeで無料試し読み
ブックパスで無料試し読み

 

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加