Jan 17, 2018

ニュース

SMAP激動の2017年と「新しい地図」の誕生、そして今後はどうなる? ジャニーズファン歴四半世紀超えのライター・みきーるさんに聞く

「(今年は)いろいろあったよね。一生忘れられない2017年だよね」。年末放送された香取慎吾さんがMCをつとめるテレビ番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)にゲスト出演した稲垣吾郎さんはこうつぶやいた。日本中の話題をさらった“解散”から約1年が経ったいま、激動の2017年と今後の展開について、みきーるさんに話を聞いた。

 

「何よりも、今年はメンバーの元気な姿を見ることが出来て本当に嬉しかったし、ほっとしました」と安堵の表情を見せる、みきーるさん。

「ファンの中にはずっと『解散しないでほしい』と言い続けたことで、SMAPのメンバーを困らせて、精神的にひどく追い詰めてしまったという罪悪感に苦しんでいた方もいました。特に香取(慎吾)さんは繊細な方なので、これを機に(芸能界から)去ってしまうんじゃないかとも囁かれていて、私の友人でも泣きながら電話をしてきた人もいました」と振り返る。

2014年にSMAPが総合司会を務めた『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』(フジテレビ系)では、メンバー全員で<解散危機に直面するSMAP>というテーマでフェイクドキュメンタリーに出演しているが、その中で香取さんは、もしSMAPが解散したら、芸能界を辞めて海外に行く可能性も示唆していただけに「あのドラマが現実になってしまったら」と心配したファンも少なくないだろう。(参照記事:https://otocoto.jp/interview/smap-taidan11/

2016年の年末、実際に“解散”が発表された後からしばらくの沈黙期間は、ファンにとってもっとも辛い時期だったに違いない。しかし、今年11月2日からの3日間、インターネットテレビ局AbemaTVで放送した『72時間ホンネテレビ』では、ご存知の通り稲垣吾郎さん、香取慎吾さん、草なぎ剛さんからなる「新しい地図」の3人は、再び元気な姿をファンの前に見せてくれた。それだけでなく、香取さんはインスタグラム、草なぎさんはYouTube、稲垣さんはブログと、SNSをイチから学んで、探り探り使っていくさまもネットで惜しみなく公開された。

「やっぱり『72時間ホンネテレビ』は大きかったですね。そもそもSMAPはテレビのアイドルと言われていて、2014年に『27時間テレビ』に総合司会として出演した時のコピーは『武器はテレビ。』でした。テレビはSMAPの武器で、その“テレビの敵”とも言われていたネットをやすやすと取り込んで、わからないところは教えてもらったり、わけ隔てなく、いろんな人に会ったりと、ネットの世界に飛び込んできてくれたことがまず驚きでした。堺正章さんが登場したシーンでは、観ているファンとしてはハラハラしてしまいましたが、まさか3人が体操着まで着て、あそこまで明るくはしゃいで元気な姿を見せてくれるとは思わなかった。“ツッコんでくれ!”といわんばかりの緩さがあって、それまでスマホやネットに詳しくないファンも、これを機にネットを使えるようになった人も少なくないのではないでしょうか」

 

SMAPという存在はこれからも
「消せない太陽」で在り続ける

 

ツイッターなど「SNSの使い方」について3人に指導したホリエモンこと堀江貴文氏は、『72時間ホンネテレビ』を振り返って「香取くん自身が自撮りで俺と一緒に写真撮ってくれてたことが凄くいい意味で違和感というか、時代は変わったんだなーって思った。未だに慣れない(笑)」とつぶやいていたが、SNS上でメンバーと直のやりとりを愉しんだファンの感激はひとしおだったに違いない。

「SMAPファンの中でも、特に40~50代以上の女性は携帯もガラケーでネット文化になじみがない方も少なくありません。3人はそうしたファン層にも降りてきてくれて、「自分たちもこれからSNSをゼロから学んでいくよ」という姿勢を見せてくれて、全然偉ぶらないんですよね。私はなんだか村娘みたいな気分になりました(笑)。お城から王子さまが降りてきて、村での暮らしを村人に丁寧に聞いてくれているような(笑)。3人のネット・デビューは、ファンとのインタラクティブな交流だけでなく、新しいビジネスチャンスも確実に広げたと思います」

11月22日には、ライフスタイル誌『GQ JAPAN』が各分野で著しい活躍を見せた男性を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2017」に「新しい地図」の3人が選ばれ、授賞式に登場しただけでなく、『GQ JAPAN』の表紙を飾った。さらに来年には、映画『クソ野郎と美しき世界』というオムニバス映画の公開も予定されている。

「『72時間ホンネテレビ』でおもしろいことを散々やってくれた後に、雑誌『GQ』ではタキシード姿で登場してビシっと恰好よくキメてくれた。どちらもあったからこそ、やっぱりSMAPだと思いました。さらに『週刊ザテレビジョン』のお正月超特大号で袴姿も披露していて、さらにテレビでも活躍していくんだというのが伝わるシークエンスも見事だなと思いましたね。それから昨年の舞台『ABC座 ジャニーズ伝説 2017』では(※ジャニー喜多川氏が構成や演出まで手掛ける)歴代ジャニーズの歌で事務所の歴史を振り返るショータイムがありましたが『世界に一つだけの花』も歌われていました。それを聴いた時にSMAPという存在はやっぱり「消せない太陽」なんだなと思いました」

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加