Dec 14, 2017

ニュース

「長濱ねるちゃんの意思を継いでいるし、私たちはここで止まっていられない」けやき坂46 佐々木久美 初の全国ツアーを振り返る

欅坂46の妹分的グループ「けやき坂46」が12月12日、13日の2日間に渡り千葉・幕張イベントホールでライブ「けやき坂46 ひらがな全国ツアー2017 FINAL!」を行った。この公演はタイトル通り、3月の東京・Zepp Tokyoからスタートして大阪、名古屋、札幌、福岡を回ってきた初の全国ツアーのファイナル公演となる。両日ともに満員で、各日7000人、2日間で1万4000人を動員した。

「OVERTURE」に合わせてメンバーがステージに登場し、彼女たちのテーマソングと言える「ひらがなけやき」でライブが始まった。続く「語るなら未来を・・・」ではクールな一面を見せ、3曲目の「世界には愛しかない」では観客がペンライトで会場がブルーに染まった。本来ならステージに11人で立っているはずだったが、リハーサルの時に柿崎芽実が左手首を骨折してしまったため残念ながら幕張での2公演は欠席となった。佐々木久美が、ファンにそのことを伝えるとともに「芽実は笑顔で送り出してくれたので、私たちも芽実の分まで頑張ってパフォーマンスするので、ステージに11人で立ってる気持ちでやるので、皆さん、楽しんで行ってください!」と熱い意気込みも語ってくれた。

その後はアルバム『真っ白なものは汚したくなる』に収録されている「ここにない足跡」「沈黙した恋人よ」などを聴かせて、ツアーでの恒例のコーナーとなったパフォーマンスメドレーのコーナーへ。ファイナルということで、これまでの公演で行ってきたことの集大成的な内容となっており、タップダンスや洋楽カバーなど、エンターテイメント色の濃い時間となった。さらに、「次はみなさんお待ちかね! あの子たちの登場ですよ!」と2期生をステージに呼び込んだ。一人ずつ自己アピールをし、19人で「NO WAR in the future」を披露。後半は再び1期生の9人によるステージを展開。けやき坂46のメンバーが出演しているドラマ「Re:Mind」の主題歌「それでも歩いてる」を歌い、「東京タワーはどこから見える?」などを畳み掛けていく。「手を繋いで帰ろうか」の時にはメンバーがステージから2階席の通路に移動して歌うといううれしいサプライズもあった。「太陽は見上げる人を選ばない」で本編は終了。

 

 

アンコールではクリスマスの衣装に着替えて登場。「僕たちは付き合っている」、そして「二人セゾン」を歌い、会場は本編に負けないくらいの盛り上がりに。ここで来年1月中旬に「けやき坂46 SHOW!」がBSプレミアムで放送されることが決定したことを報告。番組がこの日のライブにも密着していることも伝えた。続いて、佐々木が公演に出られなかった柿崎を呼び込むと、観客が暖かい歓声と拍手で柿崎を迎えた。

「手を骨折してしまった昨日と今日のライブをおやすみすることになってしまいました。でも、私はすごく元気なので心配はしないでください。昨日も今日も裏で、みんなのことをモニターで見てたんですけど、、やっぱり悔しいなって気持ちはあったんですけど、みんながこうやってライブをしている姿を見ていたら、そんな気持ち忘れちゃうくらい、本当にみんなから勇気をもらって…」と、ここで泣きそうになりながらも「みんなのことが大好きだなって思いました。今、このステージに11人全員で立てていることが本当に幸せです…。今度はちゃんと元気な状態で皆さんの前で、絶対にライブをするので待っていてください!」と力強く約束してくれた。

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加