Aug 02, 2017

インタビュー

「彼氏とデートなう。に使っていいよ。」で爆発的拡散! バズーカ山寺のSNS軍師は岡田ロビン翔子だった

yakisoba-kaoru-title

 

やきそばかおるの「ラジオのかくし味」
第16回 バズーカ山寺さん&岡田ロビン翔子さん(bayfm「The BAY☆LINE」)

 

今、「バズーカ山寺」と聞いてピンとくる人はbayfmの「The BAY☆LINE」のファンでしょう。ラジオで「バズーカ山寺」といえば声優の山寺宏一さんのこと。bayfmの水曜夕方の顔となっておよそ25年。現在は人気アイドルグループ「チャオ ベッラ チンクエッティ」の岡田ロビン翔子さんとコンビを組んで放送しています。山寺さんはロビンさんのご両親と同じ年齢ということもあり、年の差コンビが好評です。今回は、そんな人気番組「The BAY☆LINE」の水曜日の人気の秘密に迫ります。インタビューは、息の合ったお二人ならではのやりとりから始まりました。

 

「山寺さんって、意外と小さいんだな」と思ったり(笑)

 

──山寺さんとロビンさんとのコンビになって2年ですが、本当に息が合ったコンビですよね。

山寺 そうですか?! 私は全く分からないんですど。

ロビン ひどいですよ〜! 私は、しっくりときてるんですから(笑)。

──ロビンさんが選ばれたきっかけは何ですか?

山寺 オーディションがあって、 ロビンとお話させていただいた後、スタッフみんなで話し合って決めたんです。…僕は別の人が良いって言ったんですけど。

ロビン え〜〜?! テンションが下がっちゃいますよ〜。

山寺 冗談だよ(笑)。ロビンは素晴らしかったです。

 

yakisoba-kaoru-02

 

──逆に、ロビンさんからみて、山寺さんのイメージは?

ロビン 私は、オーディションの時のことも覚えてますけど、その前に「おはスタ」(テレビ東京)に何度か出していただいて、山寺さんのことは雲の上の存在だと思ってたんです。その後、「The BAY☆LINE」のオーディションでお会いした時に「私のことなんて覚えてないだろう」って思っていたら「お〜! ロビン、久しぶり!」っておっしゃってくれて。本当に覚えていてくださったのかどうかはわからないけど、とにかく嬉しくて「なんて優しいんだろう…」って思って、それが印象的でした。

山寺 その頃は、まだ私が気を使ってたということですね(笑)。

ロビン 山寺さんは、元々、“すごい人”っていうイメージですけど、会えば会うほど「こんなに人間らしい人なんだ」と思って。

山寺 どういうこと?

ロビン 山寺さんが、自分の悔しかったこととか、ムカついたこととか、人間らしい感情をありのままにラジオで話すから、「山寺さんもそういう風に悩むんだ」と思ったり、「山寺さんって、意外と小さいんだな」と思ったり(笑)。

山寺 実はちっちゃくて、卑屈なんです。

ロビン ますますファンになっちゃいました。スタジオで向かいあって座ってると、テレビや声優のお仕事では見られない、まさに、山寺さんの本来の姿が見られます。私が生まれた時から「The BAY☆LINE」で喋っている大先輩なのに、いつも本番前にうどんを食べていて親近感が湧くし。

山寺 3時間も喋ってるとお腹も減りますから。

ロビン ルーティーンなんですか?

山寺 たまたま近くに美味しいうどん屋があるから行ってるだけだよ。「ラジオで喋る前はうどんを食べよう!」って、決めてるわけじゃないよ。

ロビン そうなんですか。イチローさんが毎日カレーを食べてたのと同じように、うどんって決めてるわけではないんですか。

山寺 そんなことはないよ。うどんを食べたら落ち着くし、腹持ちも良いからです。

 

yakisoba-kaoru-03

 

──山寺さんは、ラジオの時と、声優の仕事の時とでは声の出し方を変えてますか?

山寺 ラジオは素の声で喋ってますね。bayfmで話し始めた当初、テンションを上げて喋ってほしいって言われたので、テンションは高めにしてます。なにしろ名前が「バズーカ山寺」なので(笑)。ただ、あまり無理して高くしてもリスナーにはバレるので、やりたいようにやってます。

ロビン 山寺さんは、突然、しっとりと良い声で喋ることがあるので、ビックリするんですよ(笑)。特に、番組でかける最後の曲を紹介する時は良い声なので、毎回すごく楽しみにしてます。

山寺 褒め上手だな。まさに、おじさんキラー(笑)。ただし、たまに褒めたかと思ったら、ひどいことも言う時があるから油断できないけど。

ロビン そんなこと、ないですよ〜!

やきそばかおる

編集者・ライター・コラムニスト

テレビ誌やカルチャー誌、Webニュースなどに携わるほか、子どもの頃から大のラジオファンで元ハガキ職人ということもあり「BRUTUS」「別冊カドカワ」「ケトル」等で、ラジオ特集の取材、執筆を担当。

連載にも定評があり、「J-WAVE NEWS コラム やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」「radiko.jpコラム」「水道橋博士のメルマ旬報(やきそばかおるの会いに行ける偉人)」「カルチャーブロス」ほか、執筆中。また、ニッポン放送の吉田尚記アナウンサー、作家のシオンJr.と、全国のラジオファンから寄せられた面白いラジオ番組の情報を紹介する「週刊 ラジオ情報センター」を月曜21時よりツイキャスで放送している。

一方、動物園愛好家として、全国95カ所をまわって写真を撮っている。好きな動物はハシビロコウ。もちろん、好きな食べ物は焼きそば。

プロフィール詳細を隠す表示する