Mar 03, 2018

インタビュー

「週プレ ミスグラジャパ!」グランプリの島﨑由莉香「週プレの表紙を飾りたい!!」

週刊プレイボーイ編集部主催のグラドル発掘オーディション「ミスグラジャパ!」でグランプリを受賞した島﨑由莉香。これまでモデルや女優の仕事をしていたが、グラビアの活動は未経験だった彼女が栄冠に輝き、デジタル写真集を発売した。そのタイトルは「3000冊、買ってください!」。そのタイトル通り、3000冊売ることができれば、「週刊プレイボーイ」の表紙と巻頭グラビアの掲載、そして「週プレNEWS」での連載を確約。7月末がタイムリミットになっている大きなチャレンジについて、話を聞かせてもらった。

 

──「ミスグラジャパ!」のグランプリに選ばれましたが、グラビアの仕事はほとんどされてなかったんですよね?

はい。小学生の頃からモデルの仕事に憧れていて、事務所には入ってなかったんですけど、何回かモデルのお仕事をしたことがありました。高校一年の時にJUNONガールのオーディションを受けて、今の事務所に入ったのですが、グラビアのお仕事はしていませんでした。

──どうしてグラビアに挑戦しようと思ったんですか?

去年二十歳になって「何か挑戦したい」というお話を事務所の社長としていて、そこに「グラジャパ!」のオーディションのお話があって、グラビアをやってる友達もいたので、いろいろ話を聞いたりしていましたし、思い切って受けてみようかなって。

──そして見事グランプリに! そしてデジタル写真集「3000冊、買ってください!」が発売されました。沖縄で撮影したということですが、初めてのグラビア写真集の撮影はどうでしたか?

去年の12月の25日と26日の2日間、沖縄で撮影してきましたが、最初は少し緊張してました。初日、海のシーンから撮影が始まって、曇っていた天気が晴れた瞬間にテンションが上がって、そこからは少し気持ちが楽になってちゃんと撮影に臨めました。

──晴れた空がいい効果になったんですね。

はい。

──でも、週プレの連載ドキュメントコラムの第1回は「初めてのグラビア撮影……。4回泣いちゃいました(笑)」というタイトルがついてましたが。

 

 

泣いたんですけど、ツラくて泣いたんじゃないんです。目を開けていると乾燥してしまって、それで涙が(笑)。スタッフさんもすごく心配してくれたんですけど、全然ツライとかじゃなくて、撮影は楽しかったです!

──そうだったんですね(笑)。他に、撮影中の印象的な出来事があれば教えてください。

砂浜にカニがいっぱいいたんです。砂浜を走るカットを撮ってもらう時、カニを踏まないように気をつけました。あと、沖縄なのでサンゴも落ちてたりするんですよ。それがすごく固くて痛かったです。笑顔で砂浜を走ってましたけど、終わってから足の裏を見たら赤くなってました。砂浜を走るエピソードばかりですみません(笑)。

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加