Mar 18, 2017

インタビュー

けやき坂46(ひらがなけやき)2度目の単独公演に向けて、潮紗理菜が語る
「ありのままの私たちを見ていただけるものになるんじゃないかなと思います」

欅坂46の主に第2期メンバーで構成された、けやき坂46(ひらがなけやき)が、3月21日(火)・22日(水)にZepp Tokyoで単独公演を開催する。ひらがなけやきの単独イベントは、昨年10月に赤坂BLITZで行った「ひらがなおもてなし会」以来、2度目。この「ひらがなおもてなし会」では、12人のひらがなメンバーが、ライヴはもちろん、「コーラス部」や「ダンス部」「演劇部」といった部活動での練習の成果を披露し、それぞれの個性を発揮した。約5ヶ月ぶりの単独開催に向けて目下リハーサル中のけやき坂46メンバーの中から、潮紗理菜にその意気込みを語ってもらった。

 

──けやき坂46単独公演開催の決定を聞いた時はどんなことを思いましたか?

ビックリというか、素直にすごくうれしかったです。私たち、ひらがなけやきはこれからどうなるんだろうって、みんなでよく話したりしていたので、そんな時にこういう機会をいただけたことがすごく大きくてうれしくて。みんなで『絶対に頑張ろうね』って言ってるんです。一つの目標ができて、みんなでそれに向かうっていうことが今すごく楽しくて、とてもワクワクしてます!

──単独イベントは「ひらがなおもてなし会」以来ですね。

そうなんです。欅坂46(漢字欅)さんのステージの中で、自分たちが持っている、ひらがなけやきのオリジナル曲を数曲だけ歌わせていただいたこともあるんですけど、私たち単独っていうのは2回目なので、その時よりも成長した姿を見せたいなと思ってます。

──前回の時、ここをもっとこうしてれば、という反省点はありましたか?

練習はいっぱいしてたんですけど、やっぱり本番のステージは怖いもので、なかなかその通りにできなかったり、結構緊張してテンパってしまって、頭がまっ白になる瞬間も何回かあったんです。本当はここでこうしなきゃいけない、っていうところを忘れちゃったり、細かいところがちょっと抜けちゃったりしていたので、今回は完璧に。抜けがないようにしたいです。

──今回は会場もさらに広くなって、しかも2daysですね。

そうなんですよ。本当にうれしいです。平日なので、みなさんお仕事とか、学生さんは学校もあるし、本当に来てくださるのかすっごい不安なんですよ。ガラガラだったらどうしようって心配してるんですけど、一人でも来てくださるなら、その方のために私たちは頑張りたいなって思っています。そういう気持ちで今練習しています。

──どんなステージにしたいと思っていますか?

今までの私たちもそうなんですけど、新しいひらがなけやきを見ていただけるものにしたいなと思っています。今まで、あまりみなさんの前でお話させていただいたりする機会は少ないので、素の部分というか、ありのままの私たちを見ていただけるものになるんじゃないかなと思います。なので、楽しみにしていただきたいなと思います。

──この公演が成功したら、きっとまた次に繋がりますものね。

そうですよね! それを信じてます!

──では、公演に向けての意気込みを聞かせてください。

二回目の単独っていうことで、前回ではお見せしきれなかった部分とか、前回よりもさらにパワーアップしたところを見ていただけるように私たち一生懸命頑張るので、平日なんですけどお時間ある方はぜひ見に来てください! 頑張ります!