[下妻物語]
ニコニコしながら読める話なので、
落ち込んでる時とかも笑顔になれると思います

 私は、フリフリの洋服とか、かわいいものがすごく好きで、「下妻物語」に出てくるようなロリータファッションがすごく好きなんです。それで地元にある、ロリータファッションのお店に通っていて、いつも見るだけだったんですけど、そこに置いてあったフライヤーに、「下妻物語」の紹介が書いてあったんです。それで気になって読んだのがきっかけです。本が好きになったので、その後映画も見て。増々ロリータ系の服が好きになったし、もっと知りたいなと思って興味が出ました。

「下妻物語」は、田舎に住んでるロリータ好きの女の子、桃子が、偶然にイチゴというヤンキーの女の子と出会って、性格もまったく真逆な、どこも噛み合ない二人が一緒に行動したりして仲良くなる友情物語です。基本的には面白い話なんですけど、そこにちょっと感動あり、友情もあり。楽しんで読めて、ちょっと感動もできるっていうお話で、読んでいてワクワクしました。桃子のことは、すごいかっこいいなって思って。見た目はこういうかわいい系だけど、中身や性格はすごい芯が通っていて、自分の生き方を貫いてるところにすごい憧れていて。イチゴは見た目はすごいヤンキーなんだけど、中身がすごい優しい。どっちもすごく好きです。
 こういう真逆な性格の友達がいたらいいなあって思います。むしろそういう人の方が一緒にいたいです。その方が楽しいと思うんですよ。共感ばっかりしててもそこで終わるというか。だから新しいものをどんどん知りたいというか。刺激を受けたい。

 桃子がイチゴに影響されて、どんどん中身がいい方向に変わっていくところとか、そういう変化に注目していくと面白いと思います。すごいニコニコしながら読める話なので、落ち込んでる時とかも笑顔になれると思います。

[下妻物語] 紹介POP!

※柿崎芽実さんのおすすめ本を
電子書籍でチェック!

下妻物語

嶽本野ばら

小学館

乙女のカリスマ作家・嶽本野ばらの名作、「下妻物語」がとうとう電子書籍化!四方八方田んぼだらけの茨城県下妻。そんな田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女 ・ 桃子は、大好きなお洋服欲しさに始めた個人販売で、これまた時代遅れなバリバリ ヤンキー少女・イチコと出会う。見た目も趣味も全く違うこの二人。わかり合えるはずはないのに、やがて不思議な友情が芽生えて……。 ギャグぶっちぎり! 思いっきり笑ってほんのり泣ける爆走青春ストーリー。あの「温泉卓球」コマーシャルを撮った CFディレクター・中島哲也氏が自ら監督を名乗り出た素敵な素敵な映画化原作!

ZOO

乙一

集英社

何なんだこれは! 天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され――(「カザリとヨーコ」)。謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?――(「SEVEN ROOMS」)など5編をセレクト。

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加