Feb 24, 2020 interview

『架空OL日記』は"狂気"の作品?バカリズム×夏帆が撮影裏側、お互いの印象を語り尽くす!

A A

映画になっても変わらない“核の部分”

――夏帆さんは演じているという感覚はありましたか?

夏帆 もちろん台詞があるので演じてはいるんですけど。なんか不思議な感じなんです。カメラが回ってない時も関係性があのまんまだから、演じているんだか演じていないんだか延長線上にある感じで。でも映画化になっても演じてる側はとくに何も変わってないですよね?

バカリズム うん。

――映画版でもドラマ版と同じく劇的なことは何も起こらないという世界観が良かったです。

バカリズム 映画になっても一切変えるつもりはなかったです。逆にそれで映画として成り立たなかったとしても、日記という体裁である以上、変えようがないからもうそれはしょうがない。逆に映画用にドラマチックにしたら、それは別の作品になっちゃいますから。

――たしかにそうですね。

バカリズム そもそも10年以上前に、男がOLになりすまして淡々とリアルな日常をブログに綴って、そこにアクセスして見る人がいるという現象が一番おもしろいし、一番狂気。この作品の核になってる部分だから、映画にするからってその“おもしろさ”を壊すのは違うなと思っていたんです。だからお客さんが受け入れられなくてもしょうがない、それはもう僕のブログを好きになれなかったっていう好みの問題なんで。

夏帆 いい意味で映画だからってスペシャルなことがあるわけではないのに、出来上がった作品を観た時に、ドラマの空気感を壊さずにちゃんと映画になってる、と思いました。ある意味、ドラマも映画的だったのかもしれないですね。でもちょっと大きいスクリーンで観るのはやっぱり不思議な感じでしたけどね(笑)。

バカリズム そうだよね(笑)。何を観せられてるんだろうって(笑)。でもそれをわざわざお客さんが観に来ていることも含めて狂気だし、その狂気を含めて作品の一部だとは思います。

もっと褒めてほしい…冒頭の二人のシーン

――トイレのくだりとか、皆さん素で笑っているように思いました。

バカリズム あのシーンは、台詞自体はちゃんとあって皆さん演技なんですけど、多少、素で笑ってる部分もあるかもしれないです(笑)。坂井真紀さんがトイレの個室から出てきて、出て行くっていうのをワンカットで撮ってるんですけど、楽しかったです。

夏帆 あのシーン、おもしろかったですよね(笑)。

――アドリブみたいなところはあるんですか?

バカリズム ちょこちょこあります。もちろん本当に素で笑っちゃってるような雰囲気の演技をしてます。そういうのを混ぜてるから、テクニックとしてはすげぇ高度なことをしてもらってるんですよね。

夏帆 そうそう。アドリブと台本の境目がわからないっていうのは、じつはすごいですよね。

バカリズム こういうふうになったらいいなっていう共通認識みたいなのが、みんなの頭の中にイメージとしてあったから、ちゃんと作れたんじゃないかなと思います。

――そういう空気感はやっぱりドラマからのものだと思うんですけど、だんだんそうなっていくのか、それともきちっと作り上げていくのか、どちらなんでしょうか?

バカリズム だんだんとなっていきましたよね?

夏帆 そうですね。

バカリズム それぞれがちょっと役に引っ張られている部分があって、役をおもしろがれるという面もあるし、このメンバーが一緒になると自分のポジションが自然に決まってくるというか。

夏帆 うんうん、ありましたね。それを意図してやってるわけではなくて、自然とそうなっちゃう。

――ドラマから映画になる間は少しブランクがあったと思いますが、お久しぶりに再会されても、すぐにあの空気感に戻れるんですか?

夏帆 最初はみんなちょっとモジモジしてましたよね(笑)。

バカリズム ソワソワモジモジ恥ずかしい。夏休み明けに久しぶりにクラスメイトに会うような照れがありましたよね。クランクインの最初は“私”とマキちゃんの二人のシーンだったっけ?

夏帆 そうです。その後、5人で集まってご飯を食べに行こうっていうシーンで。

バカリズム ああ、そっか! わりと楽しいシーンが続いたから、すぐ空気感は元に戻りましたよね。

夏帆 うんうん。

バカリズム この二人の最初のシーンが駅から会社まで歩道橋を歩くシーンだったから、やりやすい入り方だったんですよ。あ、こんな空気感でこんな距離感でしゃべってたなってすぐ思い出して。

夏帆 私も意外と覚えてるもんだなって思いました。

バカリズム それに歩道橋を渡り終わるまでに話を終わらせなきゃいけなくて、台詞の尺と歩道橋の距離を合わせる必要があったんですけど、けっこうバッチリだったんですよ。カットを割らないからほぼ一発撮りで。

――さすがです。

バカリズム あのシーン、もっと褒めてほしいですよね(笑)。

夏帆 じつはすごいことでしたね(笑)。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

RANKING

  • 2日間
  • 週間
  • 月間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10