知識欲とか好奇心とかはすごく旺盛なタイプです

──水沢さんはプロフィールに趣味が読書と書かれるほど、本がお好きだと伺ったんですが、好きになったきっかけを教えてください。

水沢 母が厳しくて、アニメや漫画に制限がすごくあったんです。その代わりに、本はたくさん読みなさい、と言われていて。絵本に始まり、小学生になっても図書室に行くのがすごく楽しくて、だんだん自分のお小遣いでも買うようになっていったんです。なので小さい頃から一番身近にあったもので、長くずっと好きなものですね。本に囲まれて育ちました。

──ではご両親もお好きなんですね。

水沢そうですね。でもダントツで私が読んでいますね。もともと読むのが速くて、厚くない文庫本だったら一日に二冊は読めちゃうので。なので量はたくさん読んでいると思います。家にいっぱいあるんですけど自分で選んだ本なので捨てることもなかなかできず、どんどん溜まっていっているので、将来的には本をインテリアにしたり、ちっちゃい自分用の図書室みたいなものが作れたらいいなと思っています。

──子供の頃はどんな本を読まれていましたか?

水沢小説っていう枠だと、赤川次郎さんの本がずっと好きで、小学生の頃から読んでいました。赤川次郎さんが本を好きになったきっかけだと言えます。新刊が出るとつい買っちゃうぐらい。もうほとんど読んだんじゃないかっていうくらい読みましたね。入りやすいミステリーなんですけど、大人というか、えぐいというか、中にはそういうシーンもあって、いい意味でつかみどころがないなと思います。あとは金子みすゞさんの詩集とかも読んでいました。

──たくさんある本の中で、惹かれるキーワードって何かありますか?

水沢赤川次郎さんにはまったように、中学ぐらいからミステリーが好きになりました。ノンフィクションで泣けるものよりも、わりとフィクションで作られた世界の中に自分が入っていくっていう感覚がたぶん好きで。それは、お芝居の役に入るっていうところともちょっと共通してるかもなって最近では思うようになりました。昔から、本を読むと風景が映像として浮かぶタイプだったので。

──では、今回ご紹介いただく「京都寺町三条のホームズ」についてですが、この本を手にされたきっかけは?

水沢もともと図書室や図書館が好きなこともあって、本屋さんが好きなんですよ。だいたい全部本屋さんにいってぷらぷらして手に取ったものなんですよね。この本を読み始めた時はちょうど去年だったかな? お仕事で京都に行って、一週間二週間ぐらい滞在してたんですよ。その時に京都ってすごい素敵な街だなと思って京都のことを好きになった時にこの本を見つけて。これは人が死なないミステリーなんです(笑)。今、シリーズ9まで出ていて、いつも出たらすぐ買って読むくらい好きです。骨董とかも全然詳しくはないんですけど、器とか絵とか美術館に行ったりするのが好きなので、そういうものがすごいたくさん出てくるのもいいですね。何時代に誰が作った作品とか人物名も結構出てくるので、勉強にもなります。京都のお寺や神社のことも知れて、普通の小説とはちょっと違う魅力があるなあと思って。今まで自分が読んでいた小説と、ちょっとジャンルが違いますね、この本は。

──たくさんシリーズが出ていますが、特にお気に入りの巻はありますか?

水沢やっぱり最初の1、2巻は人物的に心情の変化もあって、どんどん引き込まれていったので、最初の方の巻ですね。主人公の女の子が東京から来たっていうところも、自分と重ねられるし、京都在住の男性が骨董や京都のことをいろいろと教えてくれるのも楽しい。この二人の恋模様も楽しいんですけど、骨董や京都の土地の話がやっぱり面白いですね。

──水沢さんは知識欲が高いですね。

水沢知識欲は小さい頃から高かったと思います。今も同業者の先輩の話もそうなのですが、まったく違う職種の方たちの話を聞くのも好きで。知識欲とか好奇心とかはすごく旺盛なタイプですね。

水沢エレナさんが好きな本を
電子書籍でチェック!

君のことを想う私の、わたしを愛するきみ

佐木隆臣(著)

ディスカヴァー文庫

人が愛するのは肉体なのか。それとも、魂、心、精神なのか。魂のみが死滅してしまう奇病、「ルドング病」が流行する2110年の日本。その唯一の治療法は、過去に死んだ人間の精神を代わりに肉体に入れるというものだった。2014年、28歳の若さでこの世を去った井上綾乃(いのうえあやの)は、30歳の「小笠原霧恵」という女性の肉体に精神を宿し、2110年の日本で再び目覚める。しかし綾乃は、既に自分が愛した夫と娘がいない世界のなかで、見ず知らずの「霧恵」の旦那である秀(しゅう)と、娘の梢(こずえ)と共に家族として生きていくことを迫られる・・・・・・。

京都寺町三条のホームズ

望月麻衣(著)

双葉文庫

京都の寺町三条商店街に、ポツリとたたずむ骨董品店『蔵』。女子高生の真城葵は、ひょんなことから、そこの店主の息子の家頭清貴と知り合い、アルバイトを始めることになる。清貴は物腰や柔らかいが恐ろしく感が鋭く、『寺町のホームズ』と呼ばれていた。葵は清貴とともに、様々な客から持ち込まれる奇妙な依頼を受けるが――エブリスタ発、人気No.1キャラミス!

置かれた場所で咲きなさい

渡辺和子(著)

幻冬舎文庫

置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。時間の使い方は、そのままいのちの使い方です。自らが咲く努力を忘れてはなりません。雨の日、風の日、どうしても咲けないときは根を下へ下へと伸ばしましょう。次に咲く花がより大きく、美しいものとなるように。心迷うすべての人へ向けた、国民的ベストセラー。

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加