実家に住んでた頃に比べたら、読む回数は減ってしまいました。
生き甲斐だったんですけどね。

──今回ご紹介いただいたオススメの3冊はすべてコミックですが、ということはマンガ好きですか?

小さい頃、お母さんやお姉ちゃんの影響でまずアニメを見るようになったんですね。それで自然とアニメが好きになっていって、そこからだんだんマンガの方に転換していきました。

──なるほど。最初に好きになったマンガは何ですか?

初めて読んだマンガが「犬夜叉」です。お姉ちゃんが買ってきてたのを読ませてもらって。「犬夜叉」はアニメの方も好きです。

──小説といった活字を読むことは少なかったですか?

学校の朝の時間に「読書会」っていうのがあって、その時に読んでたぐらいですね。マンガの方が集中力が続くんです(笑)。

──マンガからも学ぶべきことは多いですからね。

今回あげた「ゴールデンカムイ」には歴史上の人物も出てくるので、こんな人がいたんだ!とか、歴史の勉強になってます。

──確かに。マンガに影響を受けてプロのスポーツ選手になった方とかもいらっしゃいますよね。柳さんはどうですか? 自分に影響を与えたなあと思う作品はありますか?

今回の3冊ではないんですけど、「スイッチガール」っていうギャルが主人公のマンガがあって。そのギャルはオンとオフにすごい差があって、オフの時はおばさんなんですけど、表はカリスマギャルとしてやっていて、そのことをみんなにバレないように生きてるっていうお話なんですけど、そのギャップがすごく面白かったです。それでちょっとギャルを目指しました(笑)。

──では、オススメ本のお話に移りたいと思いますが、「ゴールデンカムイ」を読み始めたきっかけは?

コミックアプリで試し読みをたまたま見つけて。まずこの第一巻の表紙が気に入ったんです。私、基本的にそうなんですよ。パッケージ買いすることが多いんです。今回の3冊全部そうなんですけど、まず表紙から入って読んでみて、“これ、めっちゃ好きだ!”ってなったら、それをきっかけに全部一気に読む。「ゴールデンカムイ」も2日、3日ぐらいで今出ている全巻読みました。

──電子版で読むことが多いですか?

単行本がどんどん溜まると大変なので、最近は電子書籍が多くなりました。でも、本で読むのも好きですよ。ページをめくっていく楽しさもあるし、古くなってくるとページが茶色くなってきたりするじゃないですか。味が出てきた!っていう感じで。そういうところも大好き。実家にはたくさんマンガがあるんですけど、今の家には持ってこれてないので、ちょっと寂しいですね。しかも、上京したらマンガを読んでる余裕もあんまりなくて。実家に住んでた頃に比べたら、読む回数は減ってしまいました。生き甲斐だったんですけどね。

柳 美稀さんが好きな本を
電子書籍でチェック!

ゴールデンカムイ 1

野田サトル(著)

週刊ヤングジャンプ

『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

ワールドトリガー 1

葦原大介(著)

週刊少年ジャンプ

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。遊真の行動に振り回される修の運命は!? 最新型SFアクション始動!!

うそつきリリィ 1

小村あゆみ(著)

マーガレット

え? 女装の何が悪いの? めっちゃタイプの男の子・苑に告白された主人公・ひなた。初めて彼氏ができて浮かれてたけど・・・実は苑は、尋常じゃない男嫌いで、女装が趣味の超美人だった!? 【同時収録】番外編「開花」&4コマまんが

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加