キュンキュンするようなものより、
非日常系の世界観丸出しのものが好きです

──五木さんの読書歴を遡っていくと、一番古い本の記憶はどういう記憶ですか?

五木やっぱり絵本だと思います。童話とか。みんながよく見る「赤ずきん」とか「人魚姫」とかのプリンセス系だった気がします。

──それから小学生になって。

五木学校内で流行っている本があって、何かは覚えていないんですけど、みんなが読んでて盛り上がっていた本とかを読んでいたと思います。あと、「どろろ」とかをみんなよく読んでいた気がします。

──今回4冊ご紹介をいただきました。まず「Another」を手にしたきっかけを教えてください。

五木「Another」はアニメから入りました。アニメを全部見た後、マンガもあると聞いたので読んでみようと思いました。

──アニメとマンガとで、印象が変わったりしたことはありますか?

五木アニメはマンガのストーリーに沿った内容だなと思いました。でもやっぱりマンガで読んだ方が、セリフとかが残るんですよね。

──文字として読むからですかね。

五木そうです、そうです。あと、このキャラクターが、とか、この地名ってこう書くんだ、とか。より詳しく場面が頭に残りやすいからでしょうね。「Another」は、ここはどうなっているんだろう?ってところ(細部の描写)が多い作品ではあると思うので、マンガの方がより分かりやすいんですよ。ストーリーもダークな感じなんですけど、こうしてイラストで描かれていた方が重みが出るというか。こういうダークな雰囲気の作品が好きなんですよね。

──ダークなものに惹かれるのは昔からですか?

五木そうですね。そういう雰囲気のマンガを結構読んでますね。コスプレイヤーやオタクの方って、いわゆる中二病って呼ばれるような作品が好きな方も結構いらっしゃると思いますし、私も好きですね。

──五木さんがコスプレイヤーになったのも、元々マンガがきっかけなんですよね?

五木アニメやマンガ、あとゲームが好きで。特にマンガだったら「ジャンプ」作品がきっかけでした。

──ダークなマンガや本はどうやって探してますか?

五木アニメを見て入ることが多いんですけど、一時期ハマっていたのは本屋さんに行って、面白そうだなと思ったものの一巻を買うんです。それが面白かったら続けて買ってみる、っていうことをやっていました。

──どういうところで面白そうだなとジャッジしますか?

五木タイトルと絵と、あと本の後ろにあるあらすじを読んで。でもやっぱり絵が大きいですね。線が薄いイラストのものは余り手に取らないです。

──今回選んでいただいたマンガ3冊は全部絵が濃いですね。

五木確かに(笑)。濃い絵の作品って、わりとダークっぽいものが多い気がします。

──恋愛マンガとかはあんまり読まないですか?

五木小学生の頃は「りぼん」とか「ちゃお」とか「なかよし」とかも買っていたくらい好きだったんですけど、その中でも私が好きな作品は普通の日常生活みたいなものじゃなくて。恋愛って日常生活の話だと思うんです。恋愛ものでも、ファンタジー要素がプラスされた作品が好きでした。キュンキュンするような内容のものも好きなんですけど、キュンキュンしても私の身には実際起こらないし、みたいな(笑)。だから非日常系の世界観丸出しのものが好きですね。

──確かに「ブラック・ラグーン」も「MOTHER KEEPER」も非日常的なお話ですね。

五木そうなんです。「ブラック・ラグーン」もアニメから入りました。あんまり認知されてないかもしれないですけど、私の周りでは「ブラック・ラグーン」ってすごい有名なんですよ。アニメも第一期、第二期と結構長くやっていて。私が見たのはもう後の方になってからなんですけど、その後マンガを読んでみたらめちゃめちゃハマって。このマンガのコスプレもしたことあります。ただ、このお話は世界が違い過ぎて、把握するのが結構難しいんですよ。アニメだとストーリーや描写をちょっと省いていて、マンガで読むとあんまり把握できないかもしれないですが、マンガで読んだほうが絶対面白い作品だなと思います。

──全巻持ってるんですか?

五木持ってます。でもこれ、完結してないんですよ。もう2年ぐらい休載していて。今出てるのは10巻までなんですけど、その10巻が出るのも結構期間が開いたんですよ。だから気長に待ちます。新刊が出たら絶対買いますね。超楽しみです。

五木あきらさんが好きな本を
電子書籍でチェック!

Another(1)

綾辻行人 (原作)、清原紘 (漫画)

KADOKAWA / 角川書店

26年前、夜見山北中学にミサキという生徒がいた。一年生の頃から周囲の人気者だったが、クラス替えで三年三組になったミサキは急に事故で死んでしまう。だが、人気者の突然の死を受け入れられない同級生たちは“ミサキは生きている”フリをし続けた。ところが卒業式の日…、集合写真に実際にはいるはずのないミサキが写っていたという…。そして――。

ブラック・ラグーン(1)

広江礼威

小学館

岡島緑郎は旭日重工の会社員。重要なディスクをボルネオ支社まで船で運ぶ役目を担っている。だがその途中、「ブラック・ラグーン」と名乗る4人組に襲われ、緑郎は人質に取られてしまった。ブラック・ラグーンはクライアントからの注文を忠実にこなす裏社会の運び屋だ。旭日重工は東南アジアへの非合法ルートを使って密貿易をしていて、クライアントは自分たちもそれに一枚噛ませろと要求してきて・・・!?

MOTHER KEEPER 1巻

空廼カイリ

マッグガーデン

引き裂かれた絆、銃撃戦に散る主人公。空廼カイリが贈る迫真のハード&タイトアクション開演!

氷菓

米澤穂信

KADOKAWA / 角川書店

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実──。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ、登場! <古典部>シリーズ第1弾!! ※本電子書籍は通常版です。発売が終了した限定版とは書影画像が異なりますが、内容は同じものです。

うる星やつら 〔新装版〕(1)

高橋留美子

小学館

なぜかこの世の不幸を一身に集めてしまう「見るからに凶相の持ち主」・諸星あたる。UFOに乗ってやってきた女の子・ラムちゃんの鬼ごっこの相手に選ばれてしまったことから、あたるの運命はさらなる不幸(?)へと突入していく・・・・・・。コミック界をゆるがした高橋留美子の奇想天外SFコメディが、ついに新装版で再スタート!!

らんま1/2 〔新装版〕(1)

高橋留美子

小学館

乱馬が女の子だったことで、早雲はがっかり。ところが風呂から上がった乱馬は男の子に、パンダは乱馬の父・玄馬に変わっていた。二人は中国で修行中、その水に触れると女になってしまう泉と、パンダになってしまう泉に落ちていたのだった。お湯をかければ元に戻るのだが、男と女、人間とパンダを行き来するやっかいな二人を前に、許嫁候補となったあかねをはじめ、天道家は大混乱になる。人気コミック新装版の第1集。

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加