Nov 21, 2017

インタビュー

【原田マハに聞く】なぜ今ゴッホなのか?『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』を超えたアート小説の裏側に佐藤直樹が迫る!

佐藤 ではこのタイトル(『たゆたえども沈まず』)には、日本社会やアート業界に向けたエールみたいな想いを込めた部分もある?

原田 もちろんあります。日本人にはあまりなじまない言葉かもしれないけど、パリ市民であれば誰でも知っている歴史ある言葉で、パリ市のエンブレムにもこの文字が組み込まれているんですよ。フランス語ではなく「Fluctuat nec mergitur」とラテン語ですが、パリっ子はみんなラテン語でちゃんと言えます。もともとはセーヌ河の船乗りたちが船の先につけていたというお守りみたいな言葉で「どんな困難があっても逆らわずにたゆたいながら、沈まず、負けずに踏ん張っている」という意味。最近だとパリでテロが起こった時に、若者たちがこの言葉をスローガンとして書いたTシャツを着ていたらしいです。ゴッホも林忠正も、たゆたえども決して沈まずに戦い続けたということを、この物語の中で描きたかった。それは、今、不安定な社会情勢の中で困難に向き合っている日本人も、パリ市民も、世界中の人々も同じです。小説の中で「強くなってください」という忠正の言葉が出てきますけど、それをあえて帯のコピーに持ってきた理由はそこにあります。

佐藤 やはり暗中模索の中で、作品を創り続けたり、ビジネスを続けていく、それでもまったく評価されなかった時の孤独感を背負いながら、自分の進んだ道をそれでも行くって、普通なら本当に暗澹たる気持ちになると思う。それでも突き進んでいく強さには、本当にすごく大事なエールをもらったなと思いました。

撮影/鍵岡龍門
構成/otoCoto編集部

 

プロフィール

 

原田マハ(はらだ・まは)

1962年東京生まれ。馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。その後2005年「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、作家デビュー。2012年に発表したアートミステリ『楽園のカンヴァス』は第25回山本周五郎賞、第5回R・40本屋さん大賞、TBS系「王様のブランチ」BOOKアワードなどを受賞、ベストセラーに。16年『暗幕のゲルニカ』が第9回R・本屋さん大賞、17年『リーチ先生』が第36回新田次郎文学賞を受賞。その他の作品に『本日は、お日柄もよく』『ジヴェルニーの食卓』『太陽の棘』『サロメ』などがある。

 

佐藤直樹(さとう・なおき)

1961年東京都生まれ。1994年、『WIRED』日本版創刊にあたりアートディレクターに就任。1998年、アジール・デザイン(現アジール)設立。2003~10年、アート・デザイン・建築の複合イベント「セントラルイースト東京(CET)」をプロデュース。2010年、アートセンター「アーツ千代田 3331」の立ち上げに携わる。サンフランシスコ近代美術館パーマネントコレクションほか国内外で受賞多数。2012年からスタートしたアートプロジェクト「トランスアーツ東京(TAT)」を機に絵画制作へと重心を移し、「大館・北秋田芸術祭2014」や「札幌国際芸術祭2017」にも参画。3331デザインディレクター。美学校「絵と美と画と術」講師。多摩美術大学教授。

 

作品情報

 

『たゆたえども沈まず』(幻冬舎)

誰も知らない、ゴッホの真実。
天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。
二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。

1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出すーー。『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者によるアート小説の最高傑作、誕生!

■電子書籍で読む
Reader Storeはこちら
ブックパスはこちら

 

関連作品

 

(c)Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.

映画『ゴッホ~最期の手紙~』

「ひまわり」や「夜のカフェテラス」などで知られる印象派の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホが遂げた謎の死をめぐって、全編油絵風のアニメーションで描き、解き明かしていく異色のサスペンスドラマ。郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、父の友人で自殺した画家のゴッホが弟テオに宛てた手紙を託される。テオに手紙を渡すためパリへと向かったアルマンは、その過程でなぜゴッホは自殺したのか、その疑問が募っていくが……。俳優が演じた実写映像をもとに約6万5000枚におよぶ油絵が描かれ、アニメーション化するという特殊な手法で作られた映画。出演した俳優はダグラス・ブース、ヘレン・マックロリー、シアーシャ・ローナン、エイダン・ターナーら。日本語吹き替えに、山田孝之、イッセー尾形ほか。

監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
【2017年/イギリス・ポーランド/96分/カラー/原題:LOVING VINCENT】
現在、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国順次ロードショー中
公式HP: www.gogh-movie.jp

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加