Oct 18, 2016

コラム

『上白石萌音のオールナイトニッポンR』収録時の萌音ちゃんとの話

→前回までのコラムはこちら

『上白石萌音のオールナイトニッポンR』という特番に声をかけてもらい、話題のアニメ映画「君の名は。」の萌音ちゃんに、スタジオで初めて会った。
「実は、映画を見に行ったらちょうどレディースデイだったんです。オジサンが一人で入る勇気がなかったので、その日は諦めて他の日に見ましたよ」
 と言ったら、
「そういう方は結構多いみたいですよ」
 とほほ笑んでくれた。
(ほっ。よかった! 萌音ちゃんは可愛く、優しい。そして、あの映画を見に行くオジサンがぼく一人じゃないこともわかって)

 彼女は18歳。それは基本情報として知っている。が、プロフィールにあるその生まれ年を見て、つい聞いてみた。
「1998年って、平成何年?」
「平成10年です」
「10年!」
(こないだじゃないか!)
 という言葉を、ぼくは飲み込んだ。ところが、萌音ちゃんはぼくの反応を見て、
「私も、2000何年生まれなんていう子と会うと、えっ!と思います」
 たしかに、2001年生まれはすでに15歳だ。ふだんからそう思ってはいるのだろうが、とっさに反応した彼女のカンの良さと、ぼくに配慮した優しさがよくわかった。
 ぼくは、
「じゃ、まあ、お互い20世紀生まれということで」
 というザックリした共通項で無理矢理くくってしまうことにしたけどね。

 彼女はラジオでの喋りもうまかった。なにしろ「今日お喋りしたいことを忘れないよう、書いてきたんです」とノートを一冊持ってきたのだ。しかしそのノートに頼ることなく、故郷・鹿児島の話や三年間暮らしていたメキシコでの話など、生き生きと語った。終わって、「ノートに書いてきたことの半分も話せなかった」と残念がっていたけれど。
 ぼくはほとんど何もすることはなく、ただ現場にいただけだったなあ。

 レギュラーと違って特番一回だけの場合、ほとんどのタレントさんは、その時のスタッフのことをやがて忘れる。それは当然だと思う。
 そしてスタッフはといえば、そのタレントさんが他でどんどん活躍し、成長ていくのを見て、嬉しく思うのだ。これはぼくだけでなく、裏方スタッフはみんなそうだと思う。

 現在、ぼくがレギュラー番組を担当している森山良子さんは、なんと芸歴50年! これまでに数々の歌手や役者さんと一緒にやってきたわけだが、
「若い才能が登場して、最初は自信無げだったのが、ファンに支持されて自信を持つと、急速に顔つきとか立ち居振る舞いが輝いていくの。そんな風に、才能が見る見る開花していくのを傍で見ていると、嬉しくなる」
 と語っていた。
 そうだよなあ、と思う。

 注目すべきアイドルや女優さんがデビューするのはだいたい、十代後半。そんな時、ぼくに声がかかってくるわけだ。おかげで、多くの成長物語を見ることができる。
 ぼくに「突然声をかけられる運」があって、よかった!

 


 

柳家花緑の同時代ラクゴ集 ちょいと社会派

藤井青銅/著 柳家花緑/脚色・実演

現代日本の時事を放送作家・藤井青銅が落語にして、柳家花緑が洋装姿で語った13編。
記憶に新しいニュースネタで笑い、ほろりと泣き、ちょっと考えさせられる。
ORコードで無料動画が楽しめる特典頁付き!
平成の世を落語にするとこんなに面白い!

こんな噺が載ってます!
『大女優』……子役で大ブレイクした女の子を、「身長固定マシーン」で大きく成長しないようにするが……。
『はじめてのおつかい』……小惑星探査機「はやぶさ」を小さな男の子に擬人化。小惑星の「イトカワ」のオバサンのウチにおつかいにいくが……
『ケータイ八景某者戯』……三十代半ばのサラリーマン男性が、居眠りをしている間に自分の携帯電話の中に迷い込んでしまう。そこで、苦悩しているプログラムに出会うのだが……。
などなど、同時代ラクゴを活字で読むもよし、特典QRコード頁で柳家花緑の動画をスマホ・タブレットで観るもよし、マルチメディアでお楽しみいただけます。

藤井青銅

藤井青銅(ふじいせいどう)
23歳の時「第一回・星新一ショートショートコンテスト」入賞。これを機に作家・脚本家・放送作家となる。

書いたラジオドラマは数百本。腹話術師・いっこく堂の脚本・演出・プロデュースを行い、衝撃的デビューを飾る。最近は、落語家・柳家花緑に47都道府県のご当地新作落語を提供中。 著書「ラジオな日々」「ラジオにもほどがある」「誰もいそがない町」「笑う20世紀」「あなたに似た街」「【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0」…など多数。

藤井青銅著「ラジオにもほどがある」(小学館刊)
→電子書籍版

プロフィール詳細を隠す表示する

この記事が気に入ったらクリック

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加