Apr 20, 2017

コラム162

武田玲奈と至近距離で仮想恋愛、日本初の“泣ける”VR映画が完成

sasaki-top

コラム 佐々木誠の『映画記者は今日も行く。』第63回

今年ブレイク必至と言われる話題の美少女・武田玲奈が、4月19日にカレッタ汐留で行われた、日本初の“泣けるVR”映画『交際記念日』の完成試写会イベントに出席した。

 

DSC_5029

 

本作は、インターピア(株)と(株)ejeが、ネットカフェやカラオケなどでバーチャル・リアリティ(VR)映像を視聴体験できる「VR THEATER」の1周年記念作品として製作されたもので、ドラマ性や映画的表現を重視し、短編映画としてのクオリティも織り込んでいる。

この中で武田は、主人公の女子高生【沙耶】を演じているが、物語について「高校最後の、卒業間近の春を舞台に、西銘さん(西銘駿)演じる【太一】と密かに交際している沙耶役を務めています。2人は特別な関係で、特別な記念日があったりして、今年もその記念日を迎えるはずだったのに、悲しい過去があったりしてというストーリーです」と解説。

 

DSC_4929 (1)

 

また、「いつものカメラとは違うので、距離感を意識しました。でも、こんなに近い距離で演技をしたことがあまりなかったので不思議な感覚でした」と、撮影を振り返っていた。

 

DSC_4978

 

そのいつもとは違う撮影に関して、本作のメガホンを執った窪田崇監督は「VRの映画を撮ったのは初めてでしたが、VRはここ2~3年で話題になっているメディアなので、今後も増えていくだろうし、一度チャレンジしてみたいと思っていたんです。実際にやってみると、通常の映画とは違って、360度一気に撮るのでごまかしがきかないですし、カット割りができないので、ほとんどが1シーン1カットで撮影しています。演出についてもVRということで、臨場感や空気感を大事にしました。演技に関しては、友達としゃべるような感じで、演技演技しないように配慮しました」と、初めての撮影方法に戸惑いを感じながらも、やり甲斐を感じていたようだった。

 

DSC_5062

 

武田玲奈は、「non-no」専属のファッションモデルとして、また、人気絶頂のグラビアアイドルとしても活躍、さらには、映画やTVドラマにも多数出演し、女優としても大いに期待されている存在だ。 今回のVR映画を通して、まさしく武田玲奈を“体感”し、その目で魅力を確かめてもらいたい。

 

VR映画『交際記念日』(電通ライブ)

監督:窪田崇
出演:武田玲奈、西銘駿、高杉瑞穂
音楽:佐藤悠輔
プロデューサー:東山雅俊、足立光
VR撮影:三代千晶
原作・企画:田中渉
制作:電通ライブ
制作協力:イメージフィールド
VR協力:eje

5月1日(月)より、全国の「VR THEATER」にて公開。

公式サイト http://www.interpia.ne.jp/vr/theater/kousaikinenbi/

『交際記念日』特集ページ

 

 

佐々木誠

「日刊 情報プレス」編集者 (有)情報プレス社が発行する「日刊 情報プレス」は、映画業界のニュースやイベント、興行成績、劇場公開情報など、映画に関する様々な情報を掲載。

また、Facebookページでは、【情報プレスα】(www.facebook.com/joho.press.jp)として、映画の舞台挨拶やイベントの模様を面白可笑しく掲載中。日々アップしている。

プロフィール詳細を隠す表示する