Aug 03, 2017

コラム79

第6回:小松さんへの「一筆御礼」

ikenobe_banner

池ノ辺直子の「新・映画は愛よ!!」

Season16  vol.06
株式会社バカ・ザ・バッカ
創立メンバー
小松敏和 氏

 

_DSC2233

映画が大好きで、映画の仕事に関われてなんて幸せもんだと思っている予告編制作会社代表の池ノ辺直子が、同じく映画大好きな業界の人たちと語り合う「新・映画は愛よ!!」

今回は、池ノ辺直子から小松敏和さんへの一筆御礼です。

→前回までのコラムはこちら

 

 

小松さんとゆっくりと昔のことを話すのはちょっと恥ずかしかったが、
いままでいろいろ話し合ってきたつもりでも意外に知らなかったこともあって、
そういうふうに考えていたんだと新鮮な驚きがあった。

バカ・ザ・バッカが創立30周年を迎え
スタッフみんなでお祝いをした後に
肩の荷が下りたように小松さんは定年退職の道をとった。
いままで、私が会社の経営者としてやりたいことを、
必ず応援してくれたのは小松さんだった。
ちゃんとお礼を言ってなかったね。

「小松さん、おつかれさまでした。
会社がここまで大きくなれたのは、ひとえにあなたの力があってこそです。
感謝しています。
映画業界にとっても、あなたは宝です。
少し休んだら、来年あたりは顧問として会社のスタッフの話し相手になってください。
創立メンバーなんだから、遠慮せず来てください」

先日、大先輩である仕事主義の相澤氏から連絡が入った。今年いっぱいで会社を閉じるそうだ。
残念でならない。が、ひとつの時代が終わり、次の流れが来るということだろうか。

今年30年周年を迎えたバカ・ザ・バッカは、
これから10年後、20年後を目指していきます。
映画のことだったらバッカに聞こう! そんな場所にしたいんです。
映画の見方もどんどん変わる中で、
ここに立ち寄ればアナログとデジタルの映画のにおいのする
小松さんが20年経っても立ち寄れるステーションにしたいと思っています。

「映画が大好きだ!」の大好きエネルギーが集まれば、
とてつもないものが生まれるはず。

まだまだ行きますよ!!

 

(文:池ノ辺直子 / 写真:岡本英理)

 


 

Print

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

映画『ダンケルク』

「ダークナイト」「インセプション」
世界が嫉妬する才能、Cノーラン監督が描く実話
史上最大の救出作戦。
[究極の臨場感]
[究極のタイム・サスペンス] 
[究極の映像体験]
陸海空3つの視点から迫る
息もつかさない99分間!
Hスタイルズ、Mライランス、Tハーディほか出演。

生き抜け。

海の町、ダンケルク。
追いつめられた英仏軍40万、撤退を決断。
若き兵士トミーは、絶体絶命の窮地から脱出できるのか!?
民間船もが救助に関わった、史上最大の救出作戦が幕を開ける。


監督 クリストファー・ノーラン
製作 エマ・トーマス
音楽 ハンス・ジマー

出演:フィオン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ(ワン・ダイレクション)、ケネス・ブラナー『ハリー・ポッターと秘密の部屋』、キリアン・マーフィ『ダークナイト』シリーズ『インセプション』、マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ』(オスカー助演男優賞)、トム・ハーディ 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

配給:ワーナー・ブラザース映画

9月9日(土)丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他 全国ロードショー

公式サイト
http://dunkirk.jp

 

Loading the player...

 

PROFILE

小松敏和(こまつ・としかず)

株式会社バカ・ザ・バッカ
創立メンバー

1952年生まれ。1976年、株式会社武市プロダクション入社。予告編デビュー作は「ジャンクマン」(82年)。1987年、株式会社バカ・ザ・バッカ設立に参加。「南極物語」(83年)で予告編コンクール予告編大賞。「死霊のはらわた」(85年)、「東京国際ファンタスティック映画祭」(85年〜05年)、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」(89年)で予告編コンクール予告編大賞。「ムトゥ/踊るマハラジャ」(98年)、「アメリ」(01年)、「おくりびと」(08年)、「冷たい熱帯魚」(11年)など、40年間を通して、約1500本の予告編を制作。2017年6月、株式会社バカ・ザ・バッカを定年退職。

 

池ノ辺直子

予告編制作会社バカ・ザ・バッカ代表/映像ディレクター。

フリー後「池ノ辺事務所」を設立。
10周年を記念して、バカばっかりの職人集団の意味で 株式会社バカ・ザ・バッカに社名変更し、代表取締役社長に。
今年で創立30周年を迎える。

2004年マックスファクタービューティースピリット受賞。 著書に「映画は予告篇が面白い」(光文社刊)がある。 イマジカBS審議委員 ニューシネマワークショップ講師。 予告篇上映カフェ「 Café WASUGAZEN」の運営もしている これまでに手がけた予告篇は、「ボディーガード」「フォレスト・ガンプ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ」 「マディソン郡の橋」「トップガン」「博士と彼女のセオリー」「リリーのすべて」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 ほか1100本以上。

現在進行中の作品は、宇宙開発史の陰に、世界へ夢と希望をもたらした3人の女性の物語『ドリーム』、すべての人を笑顔に変える、犬と人間の極上のラブストーリー!『僕のワンダフル・ライフ』。

プロフィール詳細を隠す表示する