未来は音楽が連れてくる Part 2 スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの

榎本幹朗

  • 2014.10.31
  • label
    OtoBon

コンテンツサービスに関わる人必読の書、待望の第2巻が登場!

 

「インターネットは音楽配信のために誕生したんだ(Steve Jobs)」――
音楽の楽しみ方を変えたNapster、iTunes Music Store、着うた…。
音楽業界総合情報サイト『Musicman-NET』の大人気連載「未来は音楽が連れてくる」に
大幅な増補・改訂を加えた、コンテンツサービスに関わる人必読の書、待望の第2巻!
音楽産業の歴史と未来はこの本を読んでこそ実感できる。
第2巻ではNapsterの登場、スティーブ・ジョブズによるiTunes革命を描く。

 

【目次】

第1章 Napsterの失敗でショーン・パーカーと音楽業界が学んだたくさんのこと ~Napsterの物語(上)

第2章 夏の終わり。Spotifyへ託された夢~Napsterの物語(中)

第3章 定額制ストリーミングはなぜ失敗したのか~Napsterの物語(下)

第4章 スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの~iPod編

第5章 スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの(2)~iTunesとミュージックマンたち

第6章 スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの(3)~iTunes革命の成就

第7章 スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの(4)~なぜiTunesは救世主とならなかったのか

 

書名
未来は音楽が連れてくる Part 2 スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの
著者
榎本幹朗
発行
エムオン・エンタテインメント
発売日
2014年10月31日
販売
ブックリスタ
レーベル
OtoBon
価格
500円(税抜)

価格はストアにより異なることがあります

buy now

購入はこちらのストアから

sample

 

榎本幹朗(えのもと・みきろう)

1974年、東京都生まれ。上智大学英文科出身。大学在学中から映像、音楽、ウェブのクリエイターとして仕事を開始。2000年、スペースシャ ワーTV、J-Wave、FM802、ZIP-FM、North Wave、cross fmが連動した音楽ポータルサイト「ビートリップ」にて、クロスメディア型のライブ・ストリーミング番組などを企画・制作。2003年、ぴあ株式社に入 社。モバイル・メディアのプロデューサーを経て独立。現在は、エンタメ系の新規事業開発やメディア系のコンサルティングを中心に活動中。